画像のSNS投稿(UGC)解禁はJリーグを救うのか

Jリーグ「栃木SC」マーケティング戦略部長を務める江藤美帆さんの連載コラムがスタートします。

第一回のテーマは「画像のSNS投稿(UGC)解禁がJリーグを救うのか」です。

Jリーグでは、試合中の写真や動画をSNS上にUPする行為は認められていません。しかし「2021JリーグYBCルヴァンカップ」ではルールの範囲内で投稿が許可され、今後はJリーグでも画像のSNS投稿(UGC)が解禁される可能性が高まっています。

以前から「JリーグにおけるUGC投稿の解禁」を訴えてきた江藤美帆さん。今回の決定について、どのように考えているのかを綴っていただきました。

■クレジット
文=江藤美帆
写真=浦正弘

■目次
UGCは公式コンテンツより優れている
黙認の後ろめたさ
SNSとサッカーは相性がいいのか
UGCは「愛」を表現する手段

UGCは公式コンテンツより優れている

去る2021年10月18日、1つの小さなニュースが目に飛び込んできた。

「2021JリーグYBCルヴァンカップでは、以下に定めるルールの範囲内でインターネット上に写真や動画を投稿して頂けるようになりました。ご来場の皆様には是非、写真・動画をSNSにUPして頂き一緒にルヴァンカップを盛り上げて頂きますようお願い申し上げます。」

https://www.jleague.jp/leaguecup/2021/final/guidelines.html

ついに歴史が動いた。大げさではなく、そう思った。

およそ3年半前、私は長年従事したインターネット業界を離れ、北関東のJリーグクラブのマーケティング責任者になった。当時から今まで私は、さまざまな場所で「JリーグにおけるUGC投稿の解禁」を訴えてきた。UGCとは「User Generated Contents」、つまりユーザーが作ったコンテンツのことである。

なぜ私がここまで強くUGCの投稿解禁にこだわっていたのかというと、マスメディアでの露出が減少傾向にあるJリーグにおいて、SNSを活用した露出の増大が急務であることは明らかだったからだ。また、いくつかの調査結果からも、20代以下の世代においてはインターネットに触れる時間がマスメディアに触れる時間より長いことがわかっている。

出典:NHK放送文化研究所 国民生活時間調査2020

とはいえ、なぜ公式コンテンツではなくUGCなのか。それはUGCが次の2点において公式コンテンツより優れているからである。

1.情報の信憑性
2.コンテンツの量

1は、UGCが“自薦”ではなく“他薦”であるという点がポイントである。たとえば、「この映画が好き」「面白かった」というのを映画の配給会社が言っても「宣伝でしょ?」としか思われないが、実際にお金を払って観た人が言えばそれは信憑性の高い情報となる。ゆえにUGCは公式の投稿よりも、クチコミ情報という意味で優れていると言える。

2のコンテンツの量については説明するまでもないだろう。ここ数年K-POPが世界を席巻しているが、その背景にあるのはK-POP界が世界に先駆けてUGCの投稿に柔軟な対応を取ったからだとも言われている。最近YouTubeやTikTokで流行っている「切り抜き動画」などもこのUGCの「量」に着目した施策である。

関連記事