土井レミイ杏利“レミたん”が異国の地で受けた壮絶な人種差別「自分だけは...

男子ハンドボール日本代表のキャプテンとして東京五輪に出場し、Tik Tokクリエイター「レミたん」として560万人のフォロワーを持つ異色のハンドボール選手・土井レミイ杏利。順風満帆に思えるその競技人生にも、大きく暗い影を落とす出来事があったことをご存じだろうか。土井自身が「人生で一番つらかった」と語るその経験こそ、異国の地で受けた壮絶な「人種差別」だった。

参入枠上限なし。降格なし。新ハンドリーグは他リーグとどう違う? #JHL ...

2021年12月、日本ハンドボールリーグは「次世代型プロリーグ2024開幕」という構想を打ち出した。既存のリーグを枠組みから変え、新リーグ創設を目指していくという。改革の旗手となるのが、葦原一正氏だ。一般社団法人日本ハンドボールリーグの設立に伴い、初代代表理事に就任した彼がリーダーとなり、この先の2年で、ハンドボール界からスポーツの隆盛を期す。インタビュー後編は、これまでの日本スポーツ界にはないやり方と、思考で改革をスタートした、その狙いと、具体的なビジョンを掘り下げていく。

革命的、2024開幕構想。ハンドボールが選んだ「第3世代」のプロリーグ #JH...

2021年12月、日本ハンドボールリーグは「次世代型プロリーグ2024開幕」という構想を打ち出した。既存のリーグを枠組みから変え、新リーグ創設を目指していくという。改革の旗手となるのが、葦原一正氏だ。一般社団法人日本ハンドボールリーグの設立に伴い、初代代表理事に就任した彼がリーダーとなり、この先の2年で、ハンドボール界からスポーツの隆盛を期す。

「競技無視」でフォロワー500万人。土井レミイ杏利が示した令和時代の選手像

東京五輪に男子ハンドボール日本代表のキャプテンとして出場した土井レミイ杏利は、ジークスター東京に所属する今も、日本ハンドボール界のトッププレーヤー。一方で、Tik Tokでフォロワー500万人を誇る「レミたん」というもう一つの顔を持つ。マイナースポーツのイチ選手がいったいどうやってインフルエンサーとなったのか。

「コンパクトアリーナにはポテンシャルがある」スポーツ界の新たなリーダ...

プロ野球の横浜DeNAベイスターズや男子プロバスケットボールリーグB.LEAGUEの立ち上げに携わり、B.LEAGUEでは初代事務局長を務めた葦原一正氏。スポーツ界の新たなリーダーが次に選んだ競技はハンドボールだった。なぜ葦原氏はハンドボールを選んだのか──。ハンドボールなど多くのアリーナスポーツの可能性が関係していた。

改革者・葦原一正が思い描くハンドボール・リーグ1年目は未来への投資「ビ...

プロ野球の横浜DeNAベイスターズや男子プロバスケットボールリーグB.LEAGUEの立ち上げに携わり、B.LEAGUEでは初代事務局長を務めた葦原一正氏。スポーツ界の新たなリーダーが次に選んだ競技はハンドボールだった。ハンドボールリーグの代表理事に就任し周囲を驚かせるような改革に期待されるなか、リーグ再生に向けてリアルな現在地は──。