• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • WEリーグ初代チェア 岡島喜久子 KIKUKO OKAJIMA Vol.3「日本の女性をエンパワーメントする」

WEリーグ初代チェア 岡島喜久子 KIKUKO OKAJIMA Vol.3「日本の女性をエンパワーメントする」

2021年の秋に開幕が予定されている、女子サッカーのプロリーグ「WEリーグ」。女子サッカー界の新たなチャレンジの舵取り役を任されたのが、岡島喜久子チェアだ。
日本初の女子サッカークラブでプレーし、日本代表に選ばれたのち、アメリカの外資系金融機関で結果を出してきた。
新時代のリーダーはどんなキャリア歩んできたのか。そしてWEリーグをどのように発展させていこうと考えているのか。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

強豪国と対等に戦うためにプロ化は必要

──WEリーグの立ち上げには賛否両論もありました。岡島さんはそもそも日本における女子サッカーのプロ化は必要だと考えていますか?

もちろん必要だと考えています。2019年のワールドカップで日本はベスト16で敗退しました。加えて、ベスト8に進出したのはアメリカ以外すべてヨーロッパの国ですし、どの国もプロリーグが運営されています。今後、そうした国々と対等に戦うため、なでしこジャパンを強化するにあたっては、プロ化は不可欠なものだと思っています。

──プロ化によって何が変わるのでしょうか?

まずは、選手の海外移籍を活性化させたいですね。各クラブには外国人選手を獲得してほしいと伝えていますが、同時に、日本人選手も積極的に海外に出てもらいたい。プロリーグの経営に成功すれば、移籍の面でもWEリーグが世界トップレベルとなり、世界中から選手が集まる仕組みができてくると思います。それが引いては代表チームの強化にもつながるはずです。

──一方で、働きながらプレーするだけで十分だという選手の声もあります。プロ化を望んでいない選手もいるという現状についてはどうお考えですか?

各クラブでプロ契約が必要な最低人数は15人で、それ以外はアマチュア契約でも問題ありません。

──プロ化の話題になると、安定した生活が失われるかもしれないというリスクが語られるイメージがあります。これは女性的な考えなのでしょうか。

女性に限らず、新しいチャレンジを怖がる人もいますよね。ただ、選手が細かい契約内容を把握していないために不安に感じるケースもあります。

──契約やリーグの詳細がきちんと伝わっていないと。

そうしたことを改善するために、リーグとしてもっと情報発信していく予定です。具体的には2月1日から「理念担当推進部」という、選手への研修を担当する部署を設けます。元なでしこジャパンの選手にも協力してもらい、選手に情報を伝える体制を整えているところです。

関連記事