• HOME
  • 記事
  • 野球
  • スプリントコーチ 秋本真吾 SHINGO AKIMOTO Vol.1「日本初のスプリントコーチ」

スプリントコーチ 秋本真吾 SHINGO AKIMOTO Vol.1「日本初のスプリントコーチ」

年間1万人以上の子どもに「走り方」を伝え、足を速くしてきた秋本真吾氏。
彼は日本で初めて「スプリントコーチ」を名乗り、これまで7万人以上の子どもたちと、野球、サッカーを始め、500名以上のプロアスリートに走り方を指導してきた。
「足を速くする」。そこに魔法のスパイスがあるわけではない。実際に、「今すぐ簡単に速くなる!」といううたい文句で速くすることはできても、走力を継続するには土台が必要だ。
足を速くするために本当に必要なこととは何か。そして、走ることを通して、秋本氏は、どんな未来を描こうとしているのか。
「Smart Sports News」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

初めてはプロ野球選手へのコーチング

──秋本真吾さんは日本で初めて「スプリントコーチ」を名乗った方です。このキャリアを歩むきっかけはなんだったのでしょうか?

僕が選手時代の陸上界は、引退したアスリートは就職して会社員や公務員になる道が主流でした。特に教員が多かったですね。それと、オリンピックに出場したようなトップレベルの多くは有名な高校や大学で指導者の道に進みます。でも僕は陸上界で知られている存在ではないですし、日本代表でもない。そういった指導者のポジションに座ることは厳しいだろうと感じていました。そこで、まさにきっかけとなる出来事がありました。

──引退した頃のお話ですか?

まだ現役でした。僕がプロになり初めた頃に契約してくださったサプリメント会社の担当者は、プロ野球の12球団にも営業を回っているような方で、オリックス・バッファローズも取引先の一つでした。そこで盗塁率が低いから走りのコーチを探しているという話を聞いて、僕にオファーをくれたんです。即答しましたね。

──最初は、現役時代に、しかもプロ野球選手へのコーチングだったんですね。

神戸にある寮に出向いて、コーチングスタッフに挨拶をしたら、そこにオリックスの7選手が集められていました。手始めに、僕が学生コーチをしていた頃に、自分が足を速くしてきた練習をしてもらいました。そうしたら、1時間ほどのメニューの後にタイムを測ろうと言い始めたんです。実は、僕が教える前に測定していたんです。試されていますよね(笑)。正直、練習の後だったし、(疲労も溜まっているので)タイム落ちるじゃん……って思っていたんですけど、7人中6人が速くなったんです。コーチたちもかなり驚いていましたし、何より自分が驚きました。こんなことで速くなるのか、と。

──見事、試練を突破したんですね(笑)。

そうだったみたいです(笑)。その後、座学をやって、論文を紹介しながらコーチ陣にプレゼンをしたらかなり食いついてもらって、キャンプにも呼んでもらえるようになりました。陸上界では100分の1秒を縮められるかという勝負でしたが、野球選手は走りに特化したトレーニングを続けてきたわけではないので、こっちのほうが可能性がありました。新聞の紙面などでも一面で取り上げられるようになって、こうした引退後のキャリアやブランデイングをしている選手はいなかったのでいけるなと。ロンドン五輪に出られなかったタイミングで心の中では決めていました。こっちに専念しようと。

──とはいえ、当時は“秋本真吾のメソッド”が確立されていたわけではないですよね?

そうですね。単純に自分が続けてきた練習に取り組んでもらっていた感じです。

関連記事