• HOME
  • 記事
  • 野球
  • スプリントコーチ秋本真吾 SHINGO AKIMOTO Vol.2「土台がなければ田中将大にもクリロナにもなれない」

スプリントコーチ秋本真吾 SHINGO AKIMOTO Vol.2「土台がなければ田中将大にもクリロナにもなれない」

年間1万人以上の子どもに「走り方」を伝え、足を速くしてきた秋本真吾氏。
彼は日本で初めて「スプリントコーチ」を名乗り、これまで7万人以上の子どもたちと、野球、サッカーを始め、500名以上のプロアスリートに走り方を指導してきた。
「足を速くする」。そこに魔法のスパイスがあるわけではない。実際に、「今すぐ簡単に速くなる!」といううたい文句で速くすることはできても、走力を継続するには土台が必要だ。
足を速くするために本当に必要なこととは何か。そして、走ることを通して、秋本氏は、どんな未来を描こうとしているのか。
「Smart Sports News」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

圧倒的な量がないと質が見えてこない

──コーチになった話にもありましたが、1回6000円で小学生を見続けた膨大な蓄積が秋本さんのベースにありますよね。

よく、量より質が大事だと言いますけど、圧倒的な量がないと質が見えてこないとも言えます。走りも一緒です。野球界では不要な走り込みがどうとか言われますけど、プロの練習を見ても、いまだに目的が明確ではない根性練をやらせているようにも見えます。

──自主トレでは、各々の課題に対して専門家をつけていますが、チーム練習では根拠のない走り込みをしている。

キツくやらせるとか、追い込ませることにコーチが酔ってしまってはいけません。それを見ていて、もしも、めちゃくちゃ努力させて、そこに対して筋肉に大きな刺激を加えるという視点で取り組んでいるとしたら間違っているとは言えません。

──質より量も大事というところですよね。

量があっての質でもありますからね。たとえば、田中将大投手が150キロを出す方法を教えても、小学生には土台がないので150キロは投げられません。C・ロナウドがフリーキックの蹴り方を教えても、土台がなければできない。そう考えると、量を増やして土台を作る時期の大切さを否定できないなと。

──土台がないことには、結果を導き出せない。

そうです。でも、どちらかが大事だという話ではありません。どちらも大事。だから、世の中の指導者たちが土台の重要性を知らないまま質が大事だと話していたり、一方で量をこなせばOKだというように、偏った考え方を打ち出していたらよくないなと思っています。

関連記事