• HOME
  • 記事
  • 野球
  • スプリントコーチ 秋本真吾 SHINGO AKIMOTO Vol.3「子どもが塾に行くように、走りを変えることを文化にしたい」

スプリントコーチ 秋本真吾 SHINGO AKIMOTO Vol.3「子どもが塾に行くように、走りを変えることを文化にしたい」

年間1万人以上の子どもに「走り方」を伝え、足を速くしてきた秋本真吾氏。
彼は日本で初めて「スプリントコーチ」を名乗り、これまで7万人以上の子どもたちと、野球、サッカーを始め、500名以上のプロアスリートに走り方を指導してきた。
「足を速くする」。そこに魔法のスパイスがあるわけではない。実際に、「今すぐ簡単に速くなる!」といううたい文句で速くすることはできても、走力を継続するには土台が必要だ。
足を速くするために本当に必要なこととは何か。そして、走ることを通して、秋本氏は、どんな未来を描こうとしているのか。
「Smart Sports News」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

オンラインサロンでコーチの概念を変える

──秋本さんは、走りを考えるオンラインサロン「CHEETAH」をされていますよね。きっかけはなんだったのでしょう?

それは、北さんです(笑)。

──え、僕ですか?

そうです。北さんが数年前にフットサルメディアで、オンライン講習会を始めましたよね。フットサル業界で5万円もする高額な講習会を開いたと思ったら、実際には60人以上が集まったというじゃないですか。つまり、それだけの価値を求めている人がいるんだなと。僕も最初はコーチングの値付けにビビっていて、かなり低い価格から設定していました。それで快諾してくれていたのですが、上げるタイミングがないなと思っていたら、今度は急に数十万円のオファーをもらえたりしました。企業や自治体のお仕事ですね。続けていくうちに、選手たちからも安いと言われることが増えていきました。

──価格設定は、高くしたいわけではなくて正当な価値付けですよね。

まさに、自分がやっていることの価値はそんなに低いものじゃないと思えるようになりました。もし、金額によって高すぎるというのであれば仕方がないかなと。僕としては、価格以上の価値を提供する自信がありますからね。値付けの価値と、北さんの講習会のお話を聞いたときに、これを走りでやれたら面白いと思ったんです。

──そんなきっかけだったとは(笑)。コーチの概念を変えようという取り組みですよね。

2年前から、オンラインサロンの構成を練り始めて、共同代表にも相談して、走りをアプリ化することなんかもやろうと思っていました。動画を撮ると処方箋が出るような。そこでオンライン講義とかをやろうと。その間に、競合が出たり、プロジェクトの進み方が遅くなったりと、いろいろあったなかで、「CHEETAH」というオンラインサロンを、2020年4月の自分の誕生日から始めようということになりました。

──サロンではどんなことをしているんですか?

自分が現場でやっていた、陸上や野球、サッカー、ラグビー、アメフトなどいろんな視点を交えた座学での講義をして、それを見たメンバーがコミュニケーションを図れるような場所ですね。それと、最先端を紹介するという意味で、トップスアスリートとの対談などをパッケージしました。

──反響は予想通りでしたか?

目標設定が高いので集客には満足していないですが、入ってきてくださる客層は狙い通りでした。語弊がありますけど“変態”ですよね。走りに特化しているから(笑)。(秋本さんの“生徒”でもある)宇賀神(友弥)さんや内川(聖一)さんが走りのことしか話さないですから。

──「走り」はほとんどの競技に共通していますよね。

サロンに入っている人の割合は、陸上、野球、サッカーがそれぞれ3割ずつです。高校の指導者や高校生、プロ選手もいます。野球界で一番最初に入ってきたのは内川さんでした。「Facebookやっていないんだけど、どうやったら入れるって?」って(笑)。

──まさかの、トップオブトップがいきなり入ってくれた(笑)。

僕自身は、アスリートに対して「入ってください」と言わないことに決めていました。しばらくしたら、参加希望の欄に(横浜F・マリノスの)「天野純」って書いてあったんです。関わったことないんですよ。普通に興味があって入ったらしいと。内川さんに天野さん。関わったことがなくてもサロンに興味があるんだって。天野さんからは、個別に指導してほしいという連絡ももらいました。

──一流選手でも、何かを変えたり、学びたいということで走りを取り入れたいと。

それには驚きましたね。

──コロナ禍で始まったオンラインサロンですが、そもそもオンラインの構想だったんですか?

そうですね。オフラインの考えはなくて、オンラインでしかやらないと思っていました。最近は合同練習会ということで集まって練習する場所を作りましたが、当初は、オンラインで完結するイメージでしたね。

関連記事