• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • WEリーグ初代チェア 岡島喜久子 KIKUKO OKAJIMA Vol.2「コロナ禍での新リーグ立ち上げ」

WEリーグ初代チェア 岡島喜久子 KIKUKO OKAJIMA Vol.2「コロナ禍での新リーグ立ち上げ」

2021年の秋に開幕が予定されている、女子サッカーのプロリーグ「WEリーグ」。女子サッカー界の新たなチャレンジの舵取り役を任されたのが、岡島喜久子チェアだ。
日本初の女子サッカークラブでプレーし、日本代表に選ばれたのち、アメリカの外資系金融機関で結果を出してきた。
新時代のリーダーはどんなキャリア歩んできたのか。そしてWEリーグをどのように発展させていこうと考えているのか。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

昨年6月に突然受けたチェアのオファー

──昨年7月にWEリーグのチェア就任が発表されました。

きっかけは2018年に行われた『メキシコ・オリンピック50周年記念パーティー』でした。私は日本代表OB・OG会で呼ばれ、同じテーブルに金田喜稔さんがいらっしゃいました。それで当時、勤めていたメリルリンチの名刺を渡してご挨拶しました。その名刺には「ウェルスマネジメント」や「バイスプレジデント」といった肩書きがたくさんついていました。

──すごい肩書きですね(笑)。

それが奏功したようです(笑)。それをご覧になった金田さんが「キミみたいな人にJリーグの全クラブに女子チームを作ってもらいたい」とおっしゃってくださって、村井満チェアマンをご紹介してくださいました。

──金田さんとの出会いから始まったんですね。

その翌年、日本女子サッカー連盟40周年記念の際に、現WEリーグ事務局長の江川純子さんに「私に何かできることはありませんか?スポンサー探しならお手伝いできると思います」とご相談させていただきました。それから女子委員会委員長の今井純子さん、副委員長の手塚貴子さんを交えてミーティングをして、資金面が一番課題になるということでスポンサー探しを手伝うことになりました。私は銀行や証券会社に人脈があるので、そこからサポートしようと動いていたところ、昨年6月に突然、「チェアになってほしい」という話をいただきました。

──なんと、就任発表の1カ月前だったんですね。

大前提として、女性をトップにするという考えがあったようです。経済界などで活躍している女性候補をリストアップしていたそうなのですが、どの方もサッカーとのつながりが薄かったため、サッカーのプレー経験がある人物となると私以外にいない状況でした。サッカーとビジネスキャリア両方の観点から適任だと判断していただいたようですね。

関連記事