• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • WEリーグ初代チェア 岡島喜久子 KIKUKO OKAJIMA Vol.1「私がWEリーグ初代チェアになるまで」

WEリーグ初代チェア 岡島喜久子 KIKUKO OKAJIMA Vol.1「私がWEリーグ初代チェアになるまで」

2021年の秋に開幕が予定されている、女子サッカーのプロリーグ「WEリーグ」。女子サッカー界の新たなチャレンジの舵取り役を任されたのが、岡島喜久子チェアだ。
日本初の女子サッカークラブでプレーし、日本代表に選ばれたのち、アメリカの外資系金融機関で結果を出してきた。
新時代のリーダーはどんなキャリア歩んできたのか。そしてWEリーグをどのように発展させていこうと考えているのか。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

大学生で女子サッカー連盟事務局長に就任

──まずは岡島さんのサッカー歴やビジネスキャリアについて教えていただけますか?

私がサッカーを始めたのは1972年の中学生のときです。当時は中学校のクラブで、男子の中に交ざって練習をしていました。高校からは日本初の女子クラブチームであるFCジンナンに入りました。日本の女子サッカー界に深く関わるきっかけとなったのが1977年です。

──サッカーを始めてからわずか5年後のことだったんですね。

そうですね。第2回AFC女子選手権に出場するため、台湾へ遠征したのですが、当時はまだ、日本サッカー協会は女子の登録を認めておらず、日本女子代表チームは存在していませんでした。そこでFCジンナンが非公認の単独チームとして参加しました。大会では香港やシンガポール、タイなど、日本以外の参加国はどこも代表チームを派遣していました。それを見て「日本も絶対に女子代表チームを作らなければ」という強い思いが芽生えました。

──そこで強い使命感が芽生えたわけですね。それからは?

高校卒業後は早稲田大学に進学をして、大学4年間はJFAでアルバイトをして協会の仕事しながら人脈を作ることができました。今思えば戦略的だったなと思います。

──女子サッカー連盟の立ち上げの話もその頃だったんですよね。

そうです。三菱重工女子サッカー部ができ、三菱養和サッカークラブに女子チームができたのをきっかけに、三菱養和でコーチをしていた鈴木良平さんが女子チームにも関わるようになりました。当時、JFAの事務局長だった中野登美雄さんと鈴木さんは都立駒場高校の先輩と後輩という間柄で、そこから三菱グループが女子サッカーをサポートしようという機運が生まれました。

──女子サッカー連盟ができるまでに三菱グループの尽力があったと。

その強力なバックアップもあり、1979年に日本女子サッカー連盟が誕生しました。私は連盟の立ち上げに関わっていたので、まだ20歳くらいの現役選手だったのですが理事メンバーに選ばれました。その後、初代事務局長を務めた鈴木さんがドイツでコーチをするために任を離れたのですが、後任を探すときに初代理事長・森健兒さんの「やりなさい」という一言で私の2代目事務局長就任が決まりました(笑)。

──選手兼事務局長というのはすごい肩書きですね。

西が丘で開催された全国大会に出場したときのことは今でもよく覚えています。ユニフォーム姿でウォーミングアップをしているときに「事務局長、すみません!来てください」と呼び出され、スパイクを履いたままオフィスへ行ったことがありました。そんなこともありながら選手をしつつ、事務局長として女子サッカー連盟の土台作りに関わってきました。

関連記事