• HOME
  • 記事
  • アウトドア
  • キャンプ道具があれば本当に安心!?今一度見直したい災害時の備蓄【東日本大震災から10年】

キャンプ道具があれば本当に安心!?今一度見直したい災害時の備蓄【東日本大震災から10年】

東日本大震災から10年。その後も国内各地で地震や台風の被害は頻発し、他人事ではありません。レジャーとして人気のキャンプですが、被災時に「外で過ごす」という訓練になる側面も。キャンプに欠かせないテントや寝袋、ランタンなどのアイテムは、被災時に自分や家族の命を救う道具にもなります。被災時に実績のあるアイテムを見ながら、防災の観点でアウトドア用品を見直してみてはいかがでしょうか。

レジャーのためだけじゃない。キャンプの準備が命を救う。

自宅にいられないほどの災害との遭遇

防災備蓄出典:PIXTA

毎年のように発生している地震や台風などの被害。ニュース映像を見ていて他人事と思っていても、「まさか自分が被災するとは…」と突然にやってくるのが自然災害です。起こらないに越したことはありませんが、日本にいる限り、都市部でも地方でも誰しも被災する可能性はあります。### 何を持って避難するのか

自宅からの避難を余儀なくされるとき、大事なことは何を持って避難するか。持ち歩きやすいように作られているキャンプギアは、レジャーだけでなく、防災用品としても大きな意味を持ち、災害時に見直されています。ただ、近年はキャンプギアで豪華に飾るオートキャンプが人気ですが、「被災時に持ち歩ける」という携行性の観点で、アイテムを選ぶことが重要になってきます。## もしものために持っておきたい10キャンプギア

ここでは、災害備蓄として有効なキャンプギアを10アイテムセレクトして紹介します。### 避難所で体調を崩さないための睡眠環境

ライフラインが復活していない災害直後の一次避難。避難所にすぐ入れない場合のため、外で過ごすことを想定した準備が必要。特に気温が低い時期に体調を悪化させることは、医療環境が整っていない災害時には致命的です。そこで安全、快適に就寝できる環境の確保が必要となります。## スマートフォンも今はライフライン

スマホの充電切れ=ライフラインの喪失

災害時、連絡手段であるスマートフォンの充電は、生存を左右する大きな鍵。東日本大震災以降、災害時のネットインフラの強さが証明されており、安否の迅速な確認につながっています。

逆にいうと、多くの人がスマートフォンに生活を依存している今、災害時の充電切れはすなわち、被災状況の把握だけでなく、避難や支援物資の情報など、社会の情報を遮断されることにつながります。それだけに、スマホのバッテリーの残量と電源の確保は日頃から意識しておきたいところです。### キャンプでも避難時に大事な「明かり」

関連記事