• HOME
  • 記事
  • その他
  • 尾崎惇史は、どうやってインラインアルペン代表に上り詰めたのか?

尾崎惇史は、どうやってインラインアルペン代表に上り詰めたのか?

2018年に世界選手権が日本にやってくるインラインアルペン。インラインスケートを履いて、街中の舗装された道の斜面を滑る競技だ。途中に設置されているゲートを通過しながら進み、ゴールまでのタイムを競う。スキーのアルペン競技の陸上版だ。

今回はそのインラインアルペンの日本代表、尾崎惇史選手に話を伺った。実は尾崎選手、大学入学までほとんどスポーツ経験がなかったという。また、世界との壁を感じ、一度は現役を退いている。それでも再び選手として活動を始め、世界と戦い続ける理由とは。

始めても続かない。スポーツとは縁のない子供だった。

――まず、スポーツ経歴を教えてください。

小学校までは週1回くらいのサッカーと体操をやっていました。また、母親の影響で年1,2回くらいスキーもやっていました。ただ、中学と高校はほとんどスポーツを何もやっていなかったんです。中学1年の2ヶ月くらいだけサッカー部に所属していて、高校ではテニス部に入りました。ただ、どれもこれも練習はサボってばかりで、月1回もやりませんでした(笑)

――スポーツとは縁のない生活を送っていたんですね。

そうですね。高校ではテニス部のほかに、1年だけ軽音部に所属していました。ドラムをやっていましたが、全然練習もしていなくて、簡単な曲しかできなかったです。

――インラインアルペンとはいつ出会ったのでしょうか?

大学でスキー部に入って、3年生の時に練習メニューを考える立場になりました。その時に、インラインアルペンをスキーのトレーニングとして取り入れることになったのが競技との出会いです。彩湖道満公園で活動しているチームaQuaにお世話になるようになりました。

――なぜスキーのトレーニングとして、インラインアルペンを取り入れることになったのですか。

インラインアルペンもスキーと同様、滑走する物の上に乗って体を動かすので、慣性力がかかっている状態に慣れることができるんです。ターンの動きがあったり、似たような筋肉を使ったりと、スキーに非常に近い競技だと思いますね。一方で、使っている道具がまったく違いますから、技術的、感覚的な違いはあります。

――スキーには当然専用の板とストックがあるわけですが、インラインアルペンにも専用の道具があるのでしょうか?

現時点ではほぼないです。なのでインラインスピードスケート競技用の靴を使ったりしていました。でもそれだけだとスピードは出ますが、横の動きに限界があるので、今年からはフィットネスブーツの上位機種を代用しています。

でも実はストックはスキー用なんですよ。ただ、ストックの使い方がスキーとはそもそも全く違っています。スキーのスラローム競技だとストックはバランスやリズムを取るのに使う一方で、インラインアルペンではストックを持った手を事前に前に出し、束の部分でゲートを倒した上でそこを自分が通過するために使用します。毎回自分の体でゲートの衝撃を受けてしまうと減速してしまいますから。

そういった違いなどがスキーヤーの人を戸惑わせてしまう部分でもあり、インラインアルペンをする上で抵抗を持たれてしまうことがあるので、残念です。

インラインアルペンインラインアルペン

専用の道具はない。ストックは激しい練習により、1日で曲がってダメになってしまうことも。

尾崎惇史

関連記事