• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • メジャー通算18勝の“帝王”が82歳に【きょうは誰の誕生日?】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

メジャー通算18勝の“帝王”が82歳に【きょうは誰の誕生日?】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

1986年のマスターズでは、最終日17番でバーディを奪って大会最年長勝利を挙げた(撮影:GettyImages)

きょう1月21日は、20世紀最強のゴルファー“帝王”ことジャック・ニクラス(米国)の誕生日。1940年生まれで、今年82歳。トレードマークの金髪により「ゴールデン・ベア」の愛称で親しまれ、メジャー通算18勝(マスターズ6勝、全米オープン4勝、全英オープン3勝、全米プロ5勝)は、現在も破られていない最多勝利記録。80年の「全米オープン」で青木功との死闘を繰り広げ、86年のマスターズでは46歳2か月で最年長優勝、2005年に「一番好きなコース」というセント・アンドリュースで行われた「全英オープン」で引退した。

全盛期のニクラスのスイングは現代のトレンドに近かった!?【連続写真】

米国男子ツアー73勝、チャンピオンズツアー10勝、プロツアー通算勝利数は「116」と、不滅の記録を打ち立てている。

ニクラスは、オハイオ州コロンバスに生まれ、父の影響でゴルフを始めた。12歳でオハイオ州のジュニアチャンピオンになると、1959年、61年の「全米アマ」を制し、同年プロ転向。62年の「全米オープン」でプロ初優勝をメジャーで飾り、66年の「全英オープン」でキャリア・グランドスラムを達成した。

1980年の「全米プロ」制覇後は、81年の「マスターズ」、82年の「全米オープン」、83年の「全米プロ」と、いずれも2位で優勝に手が届かなかった。85年には、「全米オープン」と全英オープンで予選落ちを喫し、ニクラス時代は終わりかと思われた。しかし、幼少期から指導を受けていたジャック・グラウトと共にスイング改造に取り組み、腰に負担をかけない年齢に応じたスタイルを確立する。

迎えた1986年の「マスターズ」では、視力の衰えをカバーするため、長男のジャッキーをキャディに付けて戦い、3日目を終えて通算2アンダー。トップのグレッグ・ノーマンと4打差につけると、最終日終盤に猛チャージを見せる。15番パー5でセカンドをピン傍につけイーグルを奪うと、16、17番で連続バーディ。最終18番をパーで締め、「46歳2か月23日」でメジャー18勝目を達成。その際には、オーガスタに「Jack is Back」(ジャックが戻ってきた!)の声が響き渡った。このときの年齢は現在、マスターズでは最年長、海外メジャーでは4番目に年長の記録となっている。

関連記事

メジャー通算18勝の“帝王”が82歳に【きょうは誰の誕生日?】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

1986年のマスターズでは、最終日17番でバーディを奪って大会最年長勝利を挙げた(撮影:GettyImages)

きょう1月21日は、20世紀最強のゴルファー“帝王”ことジャック・ニクラス(米国)の誕生日。1940年生まれで、今年82歳。トレードマークの金髪により「ゴールデン・ベア」の愛称で親しまれ、メジャー通算18勝(マスターズ6勝、全米オープン4勝、全英オープン3勝、全米プロ5勝)は、現在も破られていない最多勝利記録。80年の「全米オープン」で青木功との死闘を繰り広げ、86年のマスターズでは46歳2か月で最年長優勝、2005年に「一番好きなコース」というセント・アンドリュースで行われた「全英オープン」で引退した。

全盛期のニクラスのスイングは現代のトレンドに近かった!?【連続写真】

米国男子ツアー73勝、チャンピオンズツアー10勝、プロツアー通算勝利数は「116」と、不滅の記録を打ち立てている。

ニクラスは、オハイオ州コロンバスに生まれ、父の影響でゴルフを始めた。12歳でオハイオ州のジュニアチャンピオンになると、1959年、61年の「全米アマ」を制し、同年プロ転向。62年の「全米オープン」でプロ初優勝をメジャーで飾り、66年の「全英オープン」でキャリア・グランドスラムを達成した。

1980年の「全米プロ」制覇後は、81年の「マスターズ」、82年の「全米オープン」、83年の「全米プロ」と、いずれも2位で優勝に手が届かなかった。85年には、「全米オープン」と全英オープンで予選落ちを喫し、ニクラス時代は終わりかと思われた。しかし、幼少期から指導を受けていたジャック・グラウトと共にスイング改造に取り組み、腰に負担をかけない年齢に応じたスタイルを確立する。

迎えた1986年の「マスターズ」では、視力の衰えをカバーするため、長男のジャッキーをキャディに付けて戦い、3日目を終えて通算2アンダー。トップのグレッグ・ノーマンと4打差につけると、最終日終盤に猛チャージを見せる。15番パー5でセカンドをピン傍につけイーグルを奪うと、16、17番で連続バーディ。最終18番をパーで締め、「46歳2か月23日」でメジャー18勝目を達成。その際には、オーガスタに「Jack is Back」(ジャックが戻ってきた!)の声が響き渡った。このときの年齢は現在、マスターズでは最年長、海外メジャーでは4番目に年長の記録となっている。

関連記事