• HOME
  • 記事
  • その他
  • 一億円プレーヤー1人より、百万円プレーヤー100人がいい。3×3.EXE PREMIERが仕掛ける、固定概念を覆したスポーツのあり方

一億円プレーヤー1人より、百万円プレーヤー100人がいい。3×3.EXE PREMIERが仕掛ける、固定概念を覆したスポーツのあり方

東京オリンピックで、女子日本代表チームが活躍したことにより話題を呼んだ3人制バスケットボール。そのグローバルリーグである「3×3.EXE PREMIER」は、常識にとらわれない施策で注目を集めている。

選手の兼業に始まり、ショッピングモールや駐車場などでの試合開催、さらには世界中でリーグ戦を行なうなど、既成概念にとらわれない驚きの発想を次々と展開している。その仕掛け人でもあり、2014年にリーグを立ち上げた「3×3.EXE PREMIER」コミッショナーの中村考昭さんに話を伺った。

■クレジット
インタビュー=北健一郎
文=佐口賢作
写真=3×3.EXE PREMIER提供

■目次
スポーツをするため、見るためにスタジアムやアリーナが必須?
1人の1億円プレーヤーよりも、100万円もらえる選手を100人つくりたい
国の枠にこだわらず、世界中でリーグ戦を行なうのは自然なこと
「3×3.EXE PREMIER」が各地域のハレの日の舞台装置になって欲しい

関連記事