SASUKEに挑む勇者たち。御田寺圭コラム

『白饅頭note』の著者であり、有料noteにも関わらず57,000以上のフォロワーを持つ御田寺圭(みたてら・けい)さんの連載コラム。

今回のテーマは「SASUKEに挑む勇者たち」です。

すっかり年末の恒例行事として定着したTBSの人気番組「SASUKE」。今回も一般参加者からプロアスリート、タレント、YouTuberなど、個性的な挑戦者が集まり名場面を演出してくれました。

そんなSASUKEが好きで毎回視聴している御田寺さんは、全身全霊をもって真剣勝負を挑んでいる人たちの姿に心を打たれたと言います。仲間の成功に歓喜し、脱落に悔し涙を流すかれらの姿から学んだことを綴っていただきました。

■クレジット
文=御田寺圭

■目次

SASUKEという年末の風物詩

殺伐としたニュースの多かった2021年末──振り返ってみると、そんな剣呑とした情況においてさえ、穏やかな時間が流れていたひとときがあった。

TBSが毎年放送している人気テレビ番組「SASUKE」の放送時間中である。

すっかり年末の恒例行事として定着した同番組では、今回も総勢100人の個性的な挑戦者が集まり、大いに盛り上がったようだ。私もリアルタイムで視聴していた。

一般参加者からプロアスリート、タレント、YouTuberなど、実に多様な顔ぶれとなった今回大会でも、他の参加者に対して老練の達人よろしく上から目線で講釈を垂れながら、満を持して終盤に登場したSASUKE界の英雄・山田勝己氏が開始5秒で失格になるなど予想外の名場面を演出してくれた。

今回も世間の暗いニュースやピリピリとした雰囲気を忘れて、素直に楽しむことができた。さすがはSASUKEである。ずっとこういう番組だけをやっていればいいのではないか。2021年でいちばんリラックスしたのは、暖かい部屋で食事をしながら、余計なことをなにも考えずにSASUKEを視聴し、挑戦者たちとともに一喜一憂していたあのひとときだったかもしれない。私は個人的にSASUKEが好きなので毎回視聴している。考えてもみれば、私が視聴する唯一の地上波テレビ番組かもしれない。

関連記事