• HOME
  • 記事
  • その他
  • 東日本大震災から10年。諸橋寛子が訴え続ける「スポーツの持つ力」

東日本大震災から10年。諸橋寛子が訴え続ける「スポーツの持つ力」

2011年の東日本大震災後に設立された、「一般財団法人UNITED SPORTS FOUNDATION」(以下、USF)。日本全国でイベントを開催し、スポーツ振興とスポーツの魅力を伝える活動を続けている。

その活動には、バスケットボールの田臥勇太選手、フィギュアスケートの高橋大輔選手など多くのトップアスリートが賛同する。代表理事を務める諸橋寛子氏は、活動を通じて日本のスポーツ界の様々な課題に直面してきたという。

設立10年の活動を振り返りつつ、日本のスポーツ界がどう変わるべきかを聞いた。

■クレジット
取材=上野直彦北健一郎
写真=福田俊介
文=​​佐藤智朗

■目次
震災で知ったスポーツの持つ力
スポーツを通じて変わる子どもたち
日本スポーツ界は「競技一辺倒」から脱却すべき
若手がスポーツ現場でもっと輝ける環境づくりを

震災で知ったスポーツの持つ力

──USF設立の経緯を教えていただけますか?

諸橋寛子(以下、諸橋) 2011年3月の東日本大震災時、私は福島にいました。たくさんの建物が倒壊するなか、私も衣類の提供や炊き出しのお手伝いをしていたんです。

少しずつ落ち着きを取り戻してきたころ、印象的だったのが国内外から訪れたアスリートの方々でした。子どもたちは彼らと一緒にスポーツをしたり遊んだりしたわけですが、その間だけ子どもたちに笑顔が戻ったんです。

子どもたちの笑顔を見たとき、スポーツの持つ力を強く感じました。これほど大変な状況下でも、人々を前向きにして笑顔を取り戻してくれる。そんな力がスポーツにはあるんだと。

この実感が、財団設立の最初のきっかけです。その後、国内外から集まった資金をもとに財団が誕生しました。

──設立当初はどのような活動をしていたのですか?

諸橋 衣類やシューズ、バット、ボールといった物資を届けていました。それ以外にはアスリートの方々と共に、被災地を回っていましたね。

活動中、海外の団体からも連絡が来ていました。特にアメリカからは連絡が多く、私たちが中心となってアテンドしていました。

連絡をくれた団体には、「NBA Cares」という被災地支援などを行なうNBAの組織もありました。福島へ来てくれた選手のひとりであるディケンベ・ムトンボ選手(コンゴ民主共和国出身の元バスケットボール選手。 2015年にバスケットボール殿堂入りを果たす)と共に、約2週間かけて東北を回ったんですよね。

それ以外にも、女子サッカーのアメリカ代表も来てくださいました。世界的な選手であるアビー・ワンバック選手の訪問は、テレビでも報じられていたと思います。

──そうそうたるメンバーですね。

諸橋 「Boks」という、リーボックが立ち上げた短時間でできる知育運動プログラムの団体の代表もいらっしゃいました。

東日本大震災以降、放射能被害への不安から外に出ることができなくなっていました。3カ月も走ることから離れると、子どもって転びやすくなってしまうんです。

それに危機感を覚え、子どもたちのため無料の運動スペースを用意しました。そこで約11万人の子どもたちが、Boksを体験しました。これが財団にとって、最初の活動だったと思います。

設立から約3年間は、「震災復興」として東北で活動していました。徐々にそれが落ち着いてきて、他県の子どもたちとも出会う機会が増えていったんですね。そこで知ったのは、「地域によって子どもたちって全然違うんだ!」ということでした。

それ以来、徐々に全国規模でスポーツを通じての教育に力を入れ始めていきました。

関連記事