• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • 「別物」のZOZOチャンピオンシップに見て取れたもの【舩越園子コラム】(No.160424) | ツアーニュース | ツアー情報 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net|GOLF情報

「別物」のZOZOチャンピオンシップに見て取れたもの【舩越園子コラム】(No.160424) | ツアーニュース | ツアー情報 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net|GOLF情報

昨年とは大きく異なったZOZOチャンピオンシップだった(撮影:岩本芳弘)

日本ではなく米国ロサンゼルス郊外のシャーウッドに場所を移して開催された今年のZOZOチャンピオンシップ。ディフェンディング・チャンピオンのタイガー・ウッズはまるで振るわず72位タイに終わり、昨年2位だった松山英樹は最終日に追撃をかけたものの、28位タイどまりだった。

ZOZOチャンピオンシップ最終日の熱戦を写真で振り返る!

習志野で目にした昨年の第1回大会とは何から何まで異なり、まるで「別もの」の大会と化した感は否めないが、今年は今年で、優勝争いはなかなかスリリングで見どころも多かった。

首位から3打差で最終日を迎えたパトリック・キャントレーが着々とスコアを伸ばし、最終組のジャスティン・トーマスジョン・ラームに追いつき、追い越していった。

勝敗を分けたのはパー3の15番。11番、13番、14番で次々にバーディを奪い、「いい流れ」で15番を迎えたキャントレーは、自信満々でティショットに臨み、あわやホールインワンの快打で見事バーディ。2位との差を3打へ広げた。

一方、後半はミスとアンラッキーが続く中、なんとかパーを拾う「苦しい流れ」で15番を迎えたトーマスは、風が気になって何度も仕切り直し。ようやく打ったティショットはグリーン下の土手に突き刺さる大トラブルでボギーを喫した。2オンを狙った16番のセカンドも大きく右へ曲がって水の中へ。

関連記事

「別物」のZOZOチャンピオンシップに見て取れたもの【舩越園子コラム】(No.160424) | ツアーニュース | ツアー情報 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net|GOLF情報

昨年とは大きく異なったZOZOチャンピオンシップだった(撮影:岩本芳弘)

日本ではなく米国ロサンゼルス郊外のシャーウッドに場所を移して開催された今年のZOZOチャンピオンシップ。ディフェンディング・チャンピオンのタイガー・ウッズはまるで振るわず72位タイに終わり、昨年2位だった松山英樹は最終日に追撃をかけたものの、28位タイどまりだった。

ZOZOチャンピオンシップ最終日の熱戦を写真で振り返る!

習志野で目にした昨年の第1回大会とは何から何まで異なり、まるで「別もの」の大会と化した感は否めないが、今年は今年で、優勝争いはなかなかスリリングで見どころも多かった。

首位から3打差で最終日を迎えたパトリック・キャントレーが着々とスコアを伸ばし、最終組のジャスティン・トーマスジョン・ラームに追いつき、追い越していった。

勝敗を分けたのはパー3の15番。11番、13番、14番で次々にバーディを奪い、「いい流れ」で15番を迎えたキャントレーは、自信満々でティショットに臨み、あわやホールインワンの快打で見事バーディ。2位との差を3打へ広げた。

一方、後半はミスとアンラッキーが続く中、なんとかパーを拾う「苦しい流れ」で15番を迎えたトーマスは、風が気になって何度も仕切り直し。ようやく打ったティショットはグリーン下の土手に突き刺さる大トラブルでボギーを喫した。2オンを狙った16番のセカンドも大きく右へ曲がって水の中へ。

関連記事