• HOME
  • 記事
  • トレーニング
  • 【第3回】真っ白に燃え尽きる――。ただのダイエットとは一味違う、パーソナルのメニューとは
パーソナルトレーニング,パーソナルトレーナー,筋トレ,MASA

【第3回】真っ白に燃え尽きる――。ただのダイエットとは一味違う、パーソナルのメニューとは

「ちょっと食事を我慢して体型を戻さないと…」。そんな安易なダイエット、ちょっと考え直したほうがいい。特に30代、ただ食事を減らすだけのダイエットは意味がないかもしれない。「30代こそカラダを鍛えるべき」と語るパーソナルトレーナーMASAさんに秘訣を聞いた。(取材・文/武田鼎)

同じ体脂肪率15%でも…?

パーソナルトレーニング,パーソナルトレーナー,筋トレ,MASA

――痩せたいという人と筋肉をつけたい人、どっちが多く来ますか?

MASA:やはり痩せたい、という人が多い印象です。食事の管理はしますが、食事制限は禁物です。とあるお客様は、2年間で22%の体脂肪率が15%にまで落ちました。2年で7%しか落ちないの?と思うかもしれませんが、筋肉がキレイについて、脂肪を落としたので、ただのダイエットで落としたのとは全く違う、キレイなカラダつきに仕上がっています。大事なのは数値に惑わされないこと。断食して「落とした」15%と、筋トレしながら「勝ち取った」15%とでは見た目は全然違います。

――各々でメニューが違うと言いましたが、どのように違うのでしょうか?

MASA:トレーニングメニューだと痩せたい人にはサーキットメニューと言って、比較的低負荷で回数をこなせる種目を、インターバルを挟まずに取り組んで、とにかく心拍数を上げます。しかもエネルギー消費の大きい下半身を中心に追い込みますね。あとは日頃の運動もウォーキングなどの有酸素運動を取り込んでもらっています。

――逆に痩せていている人にはどのようなメニューを組んでいるのでしょうか?

MASA:筋肉だけつける、というのはなかなか難しいので、一度脂肪と筋肉の両方をつけて、カラダを大きくします。そのため、食事制限は一切しません。痩せたい人が食事を管理するように、カラダを大きくするための食事を効率よく摂取してもらいます。これも「食トレ」と言って立派なトレーニングの一環なんです。日々の食事に加えて、トレーニング前にはバナナや和菓子などでエネルギーをチャージして、高負荷の重さを低回数でしっかり追い込みます。

関連記事