サッカーが上手くなる方法とは?

サッカー,上手くなる方法
日本国内でサッカーやフットサルを行っている人の人口は、500万人以上だと言われていますが、そのほとんどの人は、「もっと上手くなりたい」と思っていることでしょう。

相手のドリブルを奪ったり、絶妙なパスでFWのゴールをアシストしたり、テクニカルなゴールを決めるプレーをしたいと思いながら練習に励んでいるはずです。

しかし、「練習していてもなかなか上達しない」と伸び悩んでしまうことも良くありますよね。

一体どのように考え、どのような練習をすればサッカーが上手くなるのでしょうか?

この記事では、そんな「サッカーが上手くなる方法」について解説していきたいと思います。

サッカーが上手いとは?

サッカーが上手いと言っても、その「上手さ」には種類があります。

いくつか上手さの種類を挙げてみましょう。

ドリブルが上手い

サッカーで「上手い!」と感じるプレーの代表と言えば、ドリブルでしょう。

メッシ選手やクリスティアーノ・ロナウド選手、ネイマール選手、エムバペ選手など、一般的に上手いと言われているプレーヤーはドリブルが得意であることが多かったりします。

その為には、スピードに乗った状態でもボールを上手に扱えるテクニックと、相手の重心の逆を突くためのフェイントや相手の重心を見抜く力などが必要になります。

パスが上手い

パスが上手いというのも、「上手い選手」と言われるプレーヤーたちに多い特徴です。

パスが上手い選手は、ただキックの質が良いというだけではなく空間把握能力が高いというのも特徴の1つです。

そして、パスが上手い選手は、基本的にトラップも上手かったりします。

常に足元にボールを置けるトラップの上手さがあるからこそ、正確なパスが出せるのです。

シュートが上手い

サッカーの花形プレーであるシュートが上手いというのも、「上手い選手」の代表的なプレーの1つですよね。

強烈なシュートが打てるのも上手いわけですが、キーパーのタイミングをずらしたシュートが打てたり、どんな態勢でも枠に飛ばせるというのも上手さだと言えます。

ディフェンスが上手い

上手いというと、攻撃的なプレーをイメージしがちですが、ディフェンスでも上手いプレーがたくさんあります。

キーパーのセービングや飛び出しもそうですし、ディフェンダーのボール奪取やパスカットなども上手さの1つだと言えるでしょう。

関連記事