• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • スペシャルコンテンツ 永里優季 YUKI NAGASATO Vol.3「サッカーをするだけがサッカー選手じゃない」

スペシャルコンテンツ 永里優季 YUKI NAGASATO Vol.3「サッカーをするだけがサッカー選手じゃない」

日本女子サッカー史上最高のストライカーが男子チームに移籍する――。マスメディアやSNSを通じて一気に拡散した、永里優季の男子挑戦。
なぜ、女子サッカーで頂点を極めた選手は未知の領域に飛び込む決断をしたのか?そこにはスポーツ選手の枠を超えた、女性の可能性を広げたいという思いがあった。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

私がバンドをやる理由

――永里選手はヨガをやったり、色んな要素を取り入れてトレーニングなどしていますよね。なかでもバンドをやっているのが印象的で、バンドもサッカーにつなげようと考えているんですか? 私は元々ミュージシャンになりたいという思いもあったんですよ。アーティストのライブとかを見ていて、私もああいうステージに立ちたいなって思っていました。それでたまたま今のパートナーがギターをやっていて、二人組のバンドを組んでいたので私もやりたいと入れてもらいました。 ――ドラムを担当していますよね。 最初はキーボードをやっていたんです。でも私はピアノをやっていたので、キーボードは弾けるのがわかっているのでつまらないなと思っていたんですよ。それでやったことのないことに挑戦がしたくて、ドラマーというポジションが空いていたのでドラムをやるようになりました。 ――では元々ドラムはやっていなかったんですね? やってないです。やり始めたのは2年くらい前からです。それで面白さにハマっていったんですよ。両手、両足、全部違う動きをする。その複雑な動きを体系化して自分の体に覚えさせていくという過程がものすごく面白くて、さらに他の仲間と音を合わせてグルーヴを生み出していく作業が面白くなってきて今でも続いていますね。だから別にサッカーに繋がるからという理由ではなくて、ただやりたくて始めて、やっていくうちにサッカーにも繋がる部分があるなと分析するようになりました。 ――ピアノをやってきてできるのがわかっているからつまらなくてドラムをやるようになったという発想が永里選手らしいエピソードですよね。実際にドラムの腕前は上達しているんですか? 今年の2月にライブを一度やりました。出来は自分の中では全然ダメだったんですけど、ギリギリ聴いてもらえるような音にはなっていると思います。 ――そういう音楽活動に関してクラブからは何も言われませんか? むしろそのライブをサポートしてくれたのがクラブのローカルサポーターの方たちだったんですよ。クラブとしてもそういうことをやってくれた方がSNSのネタにもなるし、それ絡みのインタビュー依頼があったりもしました。アメリカの場合、そういうことをどんどんやってほしい、そういう側面を見たいというファンが多いんですよね。 ――むしろクラブとしてはそういう活動を喜んでいるんですね。 アメリカではサッカー以外のそういうものを持っている選手の方が価値が高くて、サッカーだけの選手の方が高い評価を得られないんです。私の場合は絵を描くことと音楽活動、それ以外にも社会的な活動をしている選手という評価。サッカーの能力はそこまででも他の活動が積極的であれば、選手としての価値はかなり高くなると感じます。 ――アメリカだとサッカー選手にプラスアルファの価値が求められるんですね。 求められますし、そうした流れはすごく感じます。自分でビジネスを立ち上げる選手もいますし、ブランドを立ち上げて商売している選手もいます。 ――アメリカではそうした流れがあるという話ですけど、先日NHKで放送された「スポーツ×ヒューマン」という番組で、「欧州で生き残る」というテーマで長谷部誠選手、吉田麻也選手、岡崎慎司選手の3人が対談されていました。その中で岡崎選手が、サッカー選手がサッカー以外のことをやることに否定的な意見を持たれていました。一方で日本のサッカー選手の中には本田圭佑選手や長友佑都選手のようにアスリートのデュアルキャリアの象徴的な存在もいます。永里選手はこうした価値観についてどう思いますか? サッカー選手をある程度極めた人と、そうでない人で見え方が全く違うと思います。本田選手や長友選手は日本の中ではかなり極めた選手ですよね。だから彼らがサッカー以外のビジネスをやることに違和感はないですね。でも選手としてのキャリアが全然まだまだな人が同じことをやっても本田選手や長友選手とは全く価値が異なると思うんです。だからまずはサッカーを極めようと、私は思いますね。それを極めて見えてくる世界が、あの二人が今見ている世界だと思います。でも結局は価値観の違いですから私はどっちでもいいと思いますね(笑)。

関連記事