スペシャルコンテンツ 葦原一正 KAZUMASA ASHIHARA Vol.1「Bリーグはなぜ稼げるようになったのか?」

2016年、バスケットボールの新リーグとして立ち上がった「Bリーグ」は華やかな演出手法、デジタルチケットの導入、SNSを活用した広報戦略などでインパクトを与えた。
そんなBリーグを初代事務局長として戦略立案を牽引してきたのが葦原一正氏だ。ラグビー、バレーボール、女子サッカーなど新リーグが設立する中、成功の鍵を握るものとは。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

特別なマーケティングメソッドはない

――ここ最近、いろいろなスポーツの新リーグが立ち上がって、その多くがBリーグをベンチマークにしていると思います。Bリーグのマーティングでやろうとしたこと、できていたことを聞かせていただけますか。

よくBリーグはマーケティングが素晴らしいと言ってくださるんですが、実ははマーケティングに関しては大したことはやっていないと思っているんです。普通のことを普通にやっていただけです。ではその普通がなんなのかというのが大事なところですよね。

――その大事な“普通のこと”というのは?

マーケティングにおいてデータはもちろん大事なんですが、私はそこに本質はないと思っています。データはあくまでもツールですから。私は思考とマーケティングは一緒だと思っているんです。思考というのはつまりは頭の良さ。その頭が良いというのはどういうことか。だいたい頭の回転の速さとかを言ったりしますが、でも頭の良さには3つあると思っています。頭の回転の速さに加えて、視野の広さと思考の深さです。

――「速さ・深さ・広さ」の3つということですね。

その3つのバランスがある人が、頭が良いと思っています。これはマーケティングでも同様で特別なマーケティングメソッドというものはなくて、世の中で行われているマーケティング方法と同じことをしています。その中でマーケティングもまずは“視野の広さ”が大事になります。

――マーケティングにおいてその視野の広さを確保するというのは?

そこで最初になにをしたかというと、市場を俯瞰してその競技にどれくらいのファンポテンシャルがあって、どれくらいの人が観に来て、どれくらいの人がコア化していくのか。ざっくりでもまずは俯瞰して把握することです。競技団体の人にヒアリングをすると、まず大前提の事業環境すら把握できていない人が多いわけです。

――スタートラインである市場把握すらできていない団体が多いと。

そして僕が一番大事だと思っているのが“思考の深さ”です。マーケティングを考えるとき、今日はこの施策をやろう、あれをやろうと、とあれこれ考えると思うんです。だいたいそれで10個やった施策のうち8、9個失敗するわけです。それは悪いとは思いません。ただ、テーマはしっかりと決める必要があります。メカニズムを見据えた上で、テーマや課題を洗い出して、それに対してどういう施策をとっていくか議論することが重要なポイントになります。でもスポーツ界はまだそこの議論が浅いと思っています。

関連記事