• HOME
  • 記事
  • その他
  • 4得点・0失点。完璧な試合運びでfree bird mejirodaiが初のブラサカ日本一に!

4得点・0失点。完璧な試合運びでfree bird mejirodaiが初のブラサカ日本一に!

ブラインドサッカーの頂点を決める戦い、「第19回アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権」決勝戦のカードは、free bird mejirodai vs buen cambio yokohamaとなった。どちらが勝っても初優勝となるこの対戦は、4-0でfree bird mejirodaiが勝利。前回大会の決勝で負けた悔しさを晴らし、悲願の初優勝を果たした。

■クレジット
文=渡邉知晃
写真=日本ブラインドサッカー協会/鰐部春雄

■目次
初優勝をかけた一戦が幕を開ける
エース・鳥居健人の技あり2ゴール
一進一退の攻防が続く後半
1-7の大敗を糧にfree birdが戴冠

初優勝をかけた一戦が幕を開ける

1月22日、快晴の東京フットボールセンター八王子藤森競技場。「第19回アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権」の決勝戦に進出したのはbuen cambio yokohamaとfree bird mejirodaiの2チームだ。

初優勝を目指す両チームの先発選手10名とガイド2名、審判団が入場し、ピッチに整列する。そして、場内アナウンスでメンバー紹介が行なわれる。

「トータルフットボール」、4人全員で攻め、4人全員で守ることがチームコンセプトのfree birdの先発メンバーは、GK泉健也、FP丹羽海斗、永盛楓人、園部優月、鳥居健人、GUは金子苗菜乃。

対する圧倒的なフィジカルと個人技がチームの特徴であるbuen cambioの先発メンバーは、GK和知舜哉、FP近藤凌也、齊藤悠希、和田一文、中村駿介、GUに曽根純雄となった。

その後、国家黙唱。君が代を心の中で唄い、試合へ向けて気持ちが高まっていく。ブラインドサッカーの頂点を目指した40分がキックオフされた。

関連記事