• HOME
  • 記事
  • バスケットボール
  • NBA史上3度目の日本人対決が実現!“5分47秒間”の競演で八村塁が11得点、試合は渡邊雄太のラプターズに軍配<DUNKSHOOT>

NBA史上3度目の日本人対決が実現!“5分47秒間”の競演で八村塁が11得点、試合は渡邊雄太のラプターズに軍配<DUNKSHOOT>

2年ぶり3度目の日本人対決が実現。八村と渡邊が同時にコートに立ち、マッチアップする場面も見られた。(C)Getty Images
現地時間1月21日(日本時間22日、日付は以下同)、ワシントンDCのキャピタルワン・アリーナにて、八村塁の所属するワシントン・ウィザーズと渡邊雄太の所属するトロント・ラプターズが対戦。NBA史上3度目の日本人対決が行なわれた。

試合は109-105でラプターズが勝利。八村は19分50秒プレーし、11得点(フィールドゴール5/12、3ポイント1/3)、8リバウンド、渡邊は5分47秒プレーし無得点、2リバウンドを記録した。

ともにベンチからの出場となった一戦、第1クォーター残り4分25秒に八村と渡邊が同時に起用されて2020年2月9日以来、約2年ぶりの日本人対決が実現。2人が同じ時間帯にコートに立つのは2019年12月14日以来2度目のこととなった。

今季7戦目の出場となった八村は第1クォーター残り1分12秒に初得点をあげると、第2クォーターにはユーロステップからの技ありレイアップやミドルジャンパーなど3本のショットを成功。第3クォーター残り3分8秒には4戦連続となる3ポイントを沈めて、3試合連続の2桁得点に乗せた。リバウンドはチーム最多&今季自己最多の8本を奪った。
3試合ぶりの出場となった渡邊は、最初のプレーでマッチアップした八村のシュートのミスを誘うなど持ち前の守備で存在感を発揮。一方でシュート機会は訪れず、後半は出番がなかった。第2クォーター残り10分38秒にベンチへ下がるまで、2人は5分47秒間同時出場を果たした。

試合は第4クォーター序盤にラプターズが18点のリードを奪ったものの、ウィザーズも反撃を見せて残り1分10秒に同点に。しかし最後は7連続得点を奪ったラプターズが敵地で接戦をモノにした。

ラプターズは新人のスコッティ・バーンズが最多の27得点、8リバウンド、フレッド・ヴァンブリートとパスカル・シアカムが各21得点をマーク。ウィザーズはブラッドリー・ビールが25得点、8アシスト、スペンサー・ディンウィディーが17得点、7アシストでチームを牽引した。

3試合ぶりの勝利となったラプターズは22勝21敗でイースタン・カンファレンス8位に浮上。次戦は23日、6試合ぶりのホームでポートランド・トレイルブレイザーズと対戦する。23勝23敗で同9位のウィザーズは次戦、再びホームにボストン・セルティックスを迎える。

構成●ダンクシュート編集部

関連記事