• HOME
  • 記事
  • その他
  • 強度の高いプレスの旗手、日本代表キャプテン吉川智貴の矜持|ブルーノ・ジャパンの肖像

強度の高いプレスの旗手、日本代表キャプテン吉川智貴の矜持|ブルーノ・ジャパンの肖像


「動きの速さと、動きの量だ」

監督は説く。

「これは局地戦だ。つまり実力差があっても、ここだけは絶対勝てるというポイントで勝負する……河田弟との1対1なら…絶対に桜木君だ」

説明不要。団体競技の真髄と勝負事の真理を描いた、世界最高のスポーツ漫画からの引用である。さて、バスケットボールの話はとりあえず、愛すべきフットサルの、我らが日本代表の、話をしよう。

スペイン王朝、ブラジル王朝、アルゼンチン王朝に勝つには……。

山王戦の湘北のように、フットサル日本代表も“10回に1回”の試合をしなければならない。総合力で劣る日本が王朝に対抗できるポイントはどこなのか……ヒントは吉川智貴がかつてスペインリーグで示した彼の、そして日本人の、ストロングにある。

「チェイシング、プレッシング。1列目のディフェンスをスペインでは評価してもらえました」と吉川は話す。

「動きの速さと、動きの量なら、絶対に吉川くんですよ」

監督がそう言ったわけではいないが、世界最高峰のリーグが評価し、2019年にアジア最優秀選手賞を受賞した「吉川智貴のスロトング」を生かさない手はない。

事実として、「強度の高いプレス」はブルーノ・ジャパンの代名詞となっている。

すべての団体競技は、時に局地戦であり、常に総力戦である。吉川と同じようなストロングを持つ選手と、それを活かせる選手が、今の日本代表には集まっている。まさに吉川智貴の積分。そうやって日本人のストロングを最大化すれば、あるいは…

勝てますよ。

あんざい……もとい、ブルーノ・ジャパンの肖像──最終回は、我らが日本代表キャプテン・吉川智貴、日本最高の選手の話。

インタビュー=高田宗太郎、本田好伸
文=高田宗太郎

※取材は7月8日に実施しました

関連記事