• HOME
  • 記事
  • バスケットボール
  • 「いろんな意味で悲しい」ピッペンのジョーダン批判に胸を痛めるヒル「レガシーが汚されるのは嫌だ」<DUNKSHOOT>

「いろんな意味で悲しい」ピッペンのジョーダン批判に胸を痛めるヒル「レガシーが汚されるのは嫌だ」<DUNKSHOOT>

現役時代は名コンビとしてブルズを6度の優勝に導いたピッペンとジョーダンだったが、先日発売された自伝でピッペンはかつての相棒を痛烈に批判していた。(C)Getty Images
 元シカゴ・ブルズのレジェンドであるスコッティ・ピッペンは、今年11月に発売した初の自伝『Unguarded』が大きな波紋を呼んだ。2度の3連覇(1991~93年、96~98年達成という栄光を分かち合った、名相棒のマイケル・ジョーダンを痛烈に批判したからだ。

 そういったなか現役時代は“ネクスト・ジョーダン”の1人として活躍を期待されたグラント・ヒルは、盟友同士の“やり合い”に心を痛めている。

 2020年4~5月に米スポーツ専門局『ESPN』で公開され、大きな注目を集めたブルズの1997-98シーズンの優勝を追ったドキュメンタリー『ザ・ラストダンス』。チームリーダーだったジョーダンは仲間を叱咤激励して奮起を促し、栄光へと導いたように描かれ、逆にピッペンは足首の手術を受けるのを開幕まで待ったことに対して、ジョーダンから「セルフィッシュ」な判断だったと非難されていた。

 その後、ピッペンは「不満なんか持っていない」と発言していたが、著書『Unguarded』内ではジョーダンの個の能力で支配するスタイルがリーグのバスケットボールそのものを変えてしまったと、矛先を向けている。

「マイケルがバスケットボールを台無しにしたと言ってもいいかもしれない。1980年代は全員がボールを動かし、チームのためにパスをしていた。それは90年代に途絶えた。子どもたちはマイケルのようになりたかった。マイケルはパスをしたくなかったし、リバウンドをしたり、(相手の)ベストプレーヤーを守りたくなかった。

 彼はすべて自分のためにプレーしたかったんだ。だから、私は常にレブロン・ジェームズが今まで見た中でベストプレーヤーだと信じてきた。彼はすべてをこなし、ゲームのあるべき真の姿を体現している」
  1996年のアトランタ五輪でアメリカ代表の一員としてピッペンと共闘したヒル(現アメリカ代表マネージング・ディレクター)は、『The Real Daytime』に出演した際、両者の攻防について問われ、「いろんな意味で悲しいね」と胸中を吐露した。

「我々はみんな『ザ・ラストダンス』を見た。あのチーム(1997-98シーズンのブルズ)の偉大さ、スコッティの貢献と役割、そして彼らがいかに一致団結し、ゲームを支配していたか。対戦したけど、本当にタフだった。そういったレガシーが、こんな結論のないやり取りで汚されるのは嫌だね。スコッティは真実を語り、自分の苦しみやフラストレーションを共有する権利がある。ただ、彼ら2人の評判を傷つけることはできない。信じられないくらい、NBAだけでなく、スポーツの歴史の中で最高のデュオのひとつなんだ」

 ピッペンの著書は読んでいないというヒルだが、『ザ・ラストダンス』の描かれ方に関しては、「不公平だとは思わない」と自らの見解を述べている。

「スコッティはあるゲーム(1994年のイースタン・カンファレンス・セミファイナル第3戦残り数秒)で出場を拒み、それは物議を醸した。マイケルはギャンブルや自分に関していくつかのことを話している。私の感想は『かなりオープンでクリア』だと思った」

 多数のOB選手も心を痛める事態を招いたピッペンの著書。今後ジョーダンとの関係には、さらなる変化が起こるのだろうか。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】引退後もその影響力は絶大!NBAの頂点に君臨するバスケットボールの”神様”マイケル・ジョーダン特集
 

関連記事