• HOME
  • 記事
  • バレーボール
  • 【きょうのスポーツ】東京五輪の開催前最後の国際大会で好調を維持する日本代表は3連勝を懸けた日韓戦へ|女子バレーボール

【きょうのスポーツ】東京五輪の開催前最後の国際大会で好調を維持する日本代表は3連勝を懸けた日韓戦へ|女子バレーボール

イタリア・リミニで開催中のFIVBバレーボールネーションズ2021に出場するバレーボール女子日本代表は27日、1次リーグ3連勝を懸けて韓国代表と対戦する。日本は25日にタイ、26日に中国に勝利を収め、好調を維持している。

今大会は、国際バレーボール連盟が2018年から開催する大会であり、男子の「バレーボール・ワールドリーグ」と女子の「バレーボール・ワールドグランプリ」を発展的に統合した大会である。

東京オリンピック開催前の最後の国際大会には16チームが参加し、6月20日までは、1回戦総当たりの1次リーグを行った後、6月24日、25日に上位4チームによる決勝大会が行われる。

日本は2018年は10位、2019年は9位(2020年は中止)だけに、今大会で好成績を収め、良い流れでオリンピックへと向かっていくことが期待されている。

5月27日のスポーツ

関連記事