• HOME
  • 記事
  • テニス
  • 「異様な光景だ」大坂なおみを襲った“心ないヤジ”に海外記者が反応!相手のパフォーマンスには「チャンスがなかった」

「異様な光景だ」大坂なおみを襲った“心ないヤジ”に海外記者が反応!相手のパフォーマンスには「チャンスがなかった」

ベンチで涙を流す大坂。第1セットの悪い流れから立て直しを図ったが、挽回はならなかった。(C)Getty Images
選手へ向けられた“心ないヤジ”がテニス界で物議を醸している。

【PHOTO】「全力を尽くす」ことをテーマに掲げて挑んだ大坂なおみの2022年全豪OP厳選ショット!

現地時間3月12日、女子テニスツアー『BNPパリバ・オープン』(アメリカ:インディアンウェルズ/ハードコート/WTA1000)が、シングルス2回戦を実施。大坂なおみ(フリー/世界ランク78位)は、第21シードのベロニカ・クデルメトワ(同24位)と初対戦を迎えたが、0-6、4-6のストレート負けを喫した。

論争を巻き起こしているのは、大坂が立ち上がりでブレークを許した第1ゲーム終了後のシーン。米放送局『FOX Sports』などによると、観客席から「ナオミ、あなたは最低だ!」とヤジが飛んだということだ。その後、プレーは続行されたものの、ベンチで涙を流す場面もあり、この一件が大坂の精神面、試合結果に影響を及ぼしたことは間違いないだろう。
米紙『New York Times』のテニスジャーナリストであるベン・ローテンバーグ氏は、公式Twitterで反応を示し、「インディアンウェルズのスタジアムが、荒れ模様で異様な光景となっている」とレポート。「オオサカはかなり動揺しているようだ」と状況を伝えている。

また、ポルトガルメディア『レコード』のホセ・モルガド氏は、「オオサカがいま、泣いている」とリアルタイムでツイート。クデルメトワのプレーに対しては、「信じられないようなパフォーマンスだった」と称えたうえで、「オオサカは第2セットで良くなったが、それでもチャンスがなかった」と振り返った。

大坂に勝利したクデルメトワは、14日の3回戦でマリー・ボウズコワ(チェコ/同97位)と対戦する。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大坂なおみ出場のパリバ・オープンをカナダメディアが展望!「タフなスタートになるだろう」

【PHOTO】コートを彩る美女テニスプレーヤー!ラドゥカヌ、ジョルジ、プリスコワにトップ100圏外も厳選

【関連記事】大坂なおみがキリオスの横でサービスをチェック!「彼女はどんなに細かいことでも見つけて分析している」<SMASH>

関連記事