• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 伊藤美誠/早田ひなペア、完敗 世界選手権のリベンジならず<卓球・WTTシンガポールスマッシュ2022>

伊藤美誠/早田ひなペア、完敗 世界選手権のリベンジならず<卓球・WTTシンガポールスマッシュ2022>

大会報道 伊藤美誠/早田ひなペア、完敗 世界選手権のリベンジならず<卓球・WTTシンガポールスマッシュ2022>

2022.03.19 文:ラリーズ編集部
<卓球・WTTシンガポールスマッシュ2022 日時:3月7日~20日 場所:シンガポール>

19日、WTTシンガポールスマッシュ2022女子ダブルス決勝で、伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)ペアが孫穎莎(スンイーシャ)/王曼昱(ワンマンユ・ともに中国)ペアと対戦。ゲームカウント3-0で孫穎莎/王曼昱ペアが勝利した。

中国ペアに完敗

昨年の世界選手権女子ダブルスを制した孫穎莎/王曼昱ペアは、今大会第1シード。対する伊藤/早田ペアは第2シードで勝ち上がり、世界選手権決勝のカードの再現となった。

伊藤早田
写真:伊藤美誠(スターツ)と早田ひな(日本生命)/提供:WTTリベンジを果たしたい伊藤/早田ペアだったが、この試合は序盤から孫穎莎/王曼昱ペアがゲームを支配する。サーブからの展開やラリー戦など、ほとんどの技術で伊藤/早田ペアを上回り、あっという間に2ゲームを連取。優勝に王手をかける。

何とか挽回したい伊藤/早田ペアも、隙を見て攻撃を仕掛けるが、孫穎莎/王曼昱ペアを打ち抜くことはできず連続ポイントがなかなか取れない。打開策が見つからないまま孫穎莎/王曼昱ペアがマッチポイントを握り、最後は孫穎莎のサービスエースで試合終了。伊藤/早田ペアは、ゲームカウント0-3で孫穎莎/王曼昱ペアに敗れ、リベンジ達成とはならなかった。

              googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1579223839841-0'); });
           ## 女子ダブルス決勝結果

孫
写真:孫穎莎(スンイーシャ・写真右)と王曼昱(ワンマンユ・ともに中国)/提供:WTT伊藤美誠/早田ひな 0-3 孫穎莎/王曼昱〇
4-11/6-11/4-11

関連記事