• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • ブライトン監督がエースのトロサールをメンバー外に、名実ともにエースとなった三笘に掛かる期待
三苫薫,サッカー

ブライトン監督がエースのトロサールをメンバー外に、名実ともにエースとなった三笘に掛かる期待

写真:三苫薫(提供:REX/アフロ)
1月14日、プレミアリーグ第20節「ブライトン対リヴァプール」の一戦が行われるが、前日会見で驚きの事実がロベルト・デ・ゼルビ監督から発せられた。

クラブのエースとして活躍してきたレアンドロ・トロサールをリヴァプール戦でメンバー外にすると決断したのだ。

英メディア『EXPRESS』は、「トロサールは三笘にその地位を奪われた」と綴っており、今後は三笘薫がブライトンのエースとなる可能性が高くなった。

絶対的エースから左WGを奪い取った三笘

シーズン開幕当初の段階で、「数ヶ月後に三笘薫がトロサールのプレーする左WGのレギュラーになっているはず」と言ったならば、99%のブライトンファンは「まさか、ありえない」と笑ったことだろう。

しかし、実際にそれは起こった。

シーズン序盤はトロサールの控えとして試合終盤に10分程度出場する程度だった三笘だったが、徐々にその存在感を高め、新監督に代わると一気に左WGのレギュラーに昇格した。

すぐさま得点やアシストを重ねたことで、左WGのポジションの絶対的な存在となったのだ。

今では三笘がボールを持ち前を向いて仕掛ける瞬間にサポーターが歓声を上げるほど、注目の選手として認知されている。

これに対して、トロサールは徐々にクラブでの序列が下がっていった。

三笘が左WGのスタメンでプレーしてからは、ワントップのポジションにトロサールが入り、「共存」していたが、適正的に合っていないのは明らかだった。

十分に相手チームに対する脅威とはなっているが、昨年の10月1日に行われたリヴァプール戦でハットトリックを決めた時の様な迫力はない。

やはりトロサールはWGやセカンドストライカーのポジションが合っているのだろう。

トロサールは今冬の移籍がほぼ確定、三笘はエースとして期待される

以前から移籍の噂があったトロサールは、今回のベンチ外騒動により今冬の移籍がほぼ確定となった。

今後ワントップはおそらく年末から頭角を現してきた18歳のエバン・ファーガソンが務めることになるだろう。

そして、三笘はトロサールの移籍によって、名実ともにブライトンの「エース」としてプレーすることになる。

カイセドやソリー・マーチ、マクアリスター、グロス、エストゥピニャンといったスター選手はいるが、最も期待ができ華のある選手は間違いなく三笘だろう。

しかし、イングランドのサポーターは抜群に目が肥えている。

少しでもエースとしてそぐわないプレーを三笘がしようものなら、すぐに期待はブーイングに代わるはずだ。

そういった意味でも、14日のリヴァプール戦は大きな意味を持つことになる。

果たしてブライトンの新エースとしてチームを勝利に導くことができるのか。

三笘のドリブルに期待が集まる。

関連記事