• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • スペイン戦は左肩上がり同士の戦い、W杯ベスト16進出のためにチャレンジすべきフォーメーション
三苫薫,サッカー

スペイン戦は左肩上がり同士の戦い、W杯ベスト16進出のためにチャレンジすべきフォーメーション

写真:三苫薫(提供:なかしまだいすけ/アフロ)
12月2日AM4:00(日本時間)に行われる「日本対スペイン」の試合が刻一刻と近づいてきている。

下馬評は圧倒的にスペイン有利となっているが、日本代表は勝てば自力でのベスト16進出が決まるため、ドイツ戦に続き大金星を狙う。

スペイン代表にはジョルディ・アルバという攻撃的左SBがおり、日本代表も三苫薫が左WGでスタメンの可能性が高いことからも、この試合はお互いが「左肩上がり」で試合に臨むことが予想される。

日本戦のスタメンはジョルディ・アルバかバルデ、どちらも超攻撃的左SB

日本対スペインの一戦は、基本的にスペインが圧倒的に押し込む形で進んでいくことになるだろう。

特にスペインは左サイドを中心に攻めてくるはずだ。

超攻撃的SBのジョルディアルバが左SBのスタメンである可能性が高く、もしもターンオーバーを活用してきたとしても、19歳の攻撃的なSBであるバルデが起用される可能性が高いことからも、左肩上がりで攻めてくるはずだ。

さらにこの2人は、どちらもドリブル突破だけでなく繋ぐプレーも上手いため、連携で崩すことができるといった点も厄介だ。

伊東はドイツ戦と同じく右WBのポジションになってしまう可能性大

もしも日本が「4-2-3-1」でこの試合に臨んだ場合、相手は左肩上がりの攻撃が主体となるため、伊東純也がズルズルと下がることとなり、ドイツ戦の前半と同じような惨劇となる可能性がある。

日本最大の武器の1つである伊東の突破を塞がれてしまう形となるため、このフォーメーションは絶対にやめておくべきだろう。

関連記事