川崎・橘田健人。カタール行きを目指すフロンターレの若き心臓 #frontale

インターナショナルマッチデーを終えて、週末には再びJリーグが戻ってきます。

3連覇に期待がかかる王者・川崎フロンターレは、8位のセレッソ大阪と等々力陸上競技場で対戦。引き分けを挟んで4連勝中と調子を上げてきた首位チームが、どのような戦いを見せるのでしょうか?

そんな好調・川崎の要因の1人は、アンカーとして出色の出来を見せている橘田健人選手の活躍が大きいのではないでしょうか。サッカーライターの安藤隆人氏が「川崎において絶対に欠かせない存在」と言い切る橘田選手について、綴っていただきました。

■クレジット
文・写真=安藤隆人

■目次
フロンターレの新たな心臓
プレッシャーに押し潰されそうだった大学時代
レジェンド・中村憲剛からのアドバイス
目指すはカタールの地

フロンターレの新たな心臓

カタールW杯アジア最終予選も日本代表のW杯出場決定という結果に終わり、再びJ1リーグが再開の時を迎える。

3連覇がかかっている川崎フロンターレは7試合を消化して5勝1敗1分の成績で首位をキープ。そんな王者たる戦いを見せている川崎において、新たな心臓が誕生した。

【4-3-3】のアンカーを務める大卒プロ2年目の橘田健人は、ボールを失わないキープ力と卓越した足元の技術、そして状況判断能力と空間把握能力を駆使して、攻撃の起点となるだけではなく、守備面でも頭脳的なポジショニングで相手の死角から体を寄せて巧みにボールを奪い取る。

ミスが少なく、攻守に安定したプレーを見せながらも、想像もしないような意外性溢れるプレーを見せる橘田は、今や川崎において絶対に欠かせない存在だ。

関連記事