• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 【きょうのスポーツ】アジア2次予選初失点も、南野拓実の7試合連続ゴールなどでタジキスタンに快勝|サッカー日本代表

【きょうのスポーツ】アジア2次予選初失点も、南野拓実の7試合連続ゴールなどでタジキスタンに快勝|サッカー日本代表

7日に行われたカタールワールドカップ・アジア2次予選で日本代表はタジキスタン代表と対戦し4-1で勝利した。

すでに2次予選突破を決めている日本は、大幅にメンバーを変更して臨んだ。6分に古橋亨梧のゴールで先制するも、その3分後に失点。2次予選初失点となった日本代表だったが、40分には南野拓実がゴールを奪う。

南野はこれで、本田圭佑が持つワールドカップ予選7試合連続得点に並んだ。

後半に入っても日本のペースは変わらず、51分には橋本拳人、71分には川辺駿がネットを揺らして試合は終了。2次予選の無失点は止まったが、7連勝を飾っている。

日本 4-1 タジキスタン

【得点者】
6分 1-0 古橋亨梧(日本)
9分 1-1 パンシャンベ(タジキスタン)
40分 2-1 南野拓実(日本)
51分 3-1 橋本拳人(日本)
71分 4-1 川辺駿(日本)

■日本代表日程

6月11日
vsセルビア代表(キリンチャレンジカップ)
6月15日
vsキルギス代表(アジア2次予選)

■クレジット
写真;浦正弘

6月8日のスポーツ

関連記事