• HOME
  • 記事
  • ラグビー
  • 【きょうのスポーツ】最後のトップリーグ、MVPはパナソニックの福岡堅樹|ラグビー

【きょうのスポーツ】最後のトップリーグ、MVPはパナソニックの福岡堅樹|ラグビー

5月24日にジャパンラグビートップリーグ2021の年間表彰式が行われ、パナソニック ワイルドナイツの福岡堅樹がMVPに輝いた。

日本代表としても活躍してきた福岡は、ワールドクラスのスピードを武器に今シーズンは10試合で14トライを挙げ、パナソニックの優勝に大きく貢献した。

医師を志し、今シーズン限りで引退することを表明していた福岡は、自身のTwitterで次のように語っている。

「今季のTLのベスト15、そしてMVPを頂くことができました。TL最後、そして自分自身のラグビー人生の最終章をMVPという最高の栄誉と共に終えられたこと、本当に嬉しく思います。医学部受験とTLの両立を掲げ、これを成し遂げることは正直かなりきつかったですが、挑戦して本当によかったです」

関連記事