• HOME
  • 記事
  • その他
  • 2023-2024シーズンの公式試合球はMIKASAに決定!2014シーズン以来、9年ぶりにボールスポンサー契約を締結

2023-2024シーズンの公式試合球はMIKASAに決定!2014シーズン以来、9年ぶりにボールスポンサー契約を締結

20日、日本フットサルトップリーグは株式会社ミカサと、2023-2024シーズンのオフィシャルボールスポンサー契約を締結したことを発表した。

本契約に伴いミカサからは、2023-2024シーズンの日本フットサルリーグ(Fリーグ)および日本女子フットサルリーグの試合で使用する、公式試合球が提供される。

新たな公式球は<世界へ>を意味する“アルムンド”

Fリーグに、「MIKASA」のボールが帰ってくる。

今月18日、2015-2016シーズンからFリーグのオフィシャルスポンサーを務め、公式試合球を提供してきた株式会社イミオ(sfida)との契約満了が発表された。

SNS上ではsfidaのボールとともに戦ってきた選手たちからの感謝の思いが綴られ、ファン・サポーターからは別れを惜しむ声とともに、「次はどこのボールになるんだろう」と注目されていた。

そして発表された新たなオフィシャルスポンサーは、Fリーグ開幕初年度の2007年からボールスポンサーを務めたミカサ。9年ぶりにFリーグのピッチに戻る星マークのブランドロゴに、数々の名試合を思い出す選手やファン・サポーターも多くいることだろう。

新たに公式球として使用されるのは、スペイン語で「世界へ」を意味する「ALMUNDO(アルムンド)」シリーズ。

ボールの回転が見やすく視認性の高さが売りのこのボールが、2023-2024シーズンの試合をさらに彩ることだろう。

リリースは以下の通り

日本フットサルトップリーグ(東京都文京区、理事長:藤口光紀)は、株式会社ミカサ(広島県広島市、代表取締役社長:佐伯祐二)との間で、2023-2024シーズンの日本フットサルリーグおよび日本女子フットサルリーグのオフィシャルボールスポンサー契約を締結いたしました。

MIKASA製公式試合球のデザインについては、2023年4月にお知らせいたします。

<株式会社ミカサ>
代表者 : 代表取締役社長 佐伯 祐二
所在地 : 〒731-3362 広島市安佐北区安佐町久地1番地
設立 : 1917年5月1日
事業内容: ゴム製造業(競技用ボール製造、工業用軸受製造)
URL :

バレーボール・サッカーボール・バスケットボール・ハンドボール・ドッジボール・水球等各球技用ボールを中心に製造・販売しています。特にバレーボールは、国際バレーボール連盟が主催する2024年までのバレーボール及びビーチバレーボール大会で唯一の公式試合球として使用されることが決定しています。

100年を超える歴史はゴム製品の製造から発展し、現在は工業用品とボール・スポーツ用品を中心に展開。特に競技用ボールは「MIKASA」ブランドとして150以上の国と地域で使用され親しまれております。

▼ 関連リンク ▼

<< 前の記事へ

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼

一覧へ戻る

yadsRequestAsync({yads_ad_ds:’67170_579602′,yads_parent_element:”ad67170_579602″});yadsRequestAsync({yads_ad_ds:’67170_579603′,yads_parent_element:”ad67170_579603″});

関連記事