• HOME
  • 記事
  • その他
  • 画家・ながさわたかひろは、なぜヤクルトスワローズを描き続けるのか?

画家・ながさわたかひろは、なぜヤクルトスワローズを描き続けるのか?

今回は画家のながさわたかひろさんにお話を伺いました。ながさわさんは岡本太郎現代芸術賞特別賞を受賞されるなど画家としてご活躍される中、現在はプロ野球・東京ヤクルトスワローズの全試合の模様を描き続けており、各方面のメディアにも取り上げられ、その絵は本としても出版もされています。

葛藤を感じながらも野球を描き続ける

――まずはながさわさんのご職業を教えてください。

絵描きですが、改めてというと難しいですね。あいまいですし、プー太郎とも言えてしまいますから(笑)

――どういった種類の絵を描かれているのでしょうか。

本来画家として収入を得ていたのは版画制作です。始めの3年は野球も版画で描いていましたが、野球を描くことがメインになってから版画の制作はしていません。版画は何枚か刷れるので、当初は描いたものを選手に渡していました。

――選手の方も喜ばれるのではないですか。

いや、特にはないです。それが意外とリアクションは薄いです。でも絵を送っているということでチームと繋がっているという意識は芽生えるようになりました。

版画だと出来上がるまでに当然時間がかかります。2009に始めて2年間は銅版画でしたが、絵を描くことに集中したいということで2011年はシルクスクリーンという手法を用い、2012年から今のスタイルにシフトしました。

――ながさわさんが絵を描くようになったきっかけを教えてください。

昔から運動ができるタイプではなかったですが、絵を描くのは好きで、それで美術大学を受験しました。実家は山形で漠然と東京に行きたいという思いもあったので、初めはその手段の一つに過ぎなかったんです。ただ結局大学卒業後もその延長で何となく絵を描き続けている曖昧な感じでした。当然それでは評価もされませんし、お金にもなりません。今も満足に生活するだけの収入は得られていませんが、そうした本当にどうすることもできない状況の時に野球に出会いました。

――今は野球をメインに描くことで注目を集めているわけですが、画家として葛藤はなかったのでしょうか。

ありましたよ。でも野球は毎日試合がありますし、片手間にできるものではないです。集中せざるを得ないわけですが、次に繋がる意味深いことだと考えてやっています。自分でも成長していると実感できていますし、それに対しての反応もあるので観てくれているお客さんと一緒にやってきたという感覚もあります。それはチームや選手と同じことだと思います。

――具体的にご自分でどういった部分が成長できていると感じていますか。

自分の作品を客観的に見て、反省点を次に活かせるようになってきたと思います。理想とするところに手が届き始めていると感じる瞬間もあるような気がしています。あとは毎年こうして活動していると観てくれている周囲の目もあるわけです。そうなると変な絵を描いたりはできません。もはや自分だけの問題ではなくなってきているので、手は抜けないです。自分が目指す理想とチームの成績がリンクしてきたらいいと思います。

――手を抜かずに描かれてきた結果が本になったりもしているわけですね。

本当にいいタイミングでした。今までも過去2年は自主出版という形で本にしてはいましたが、やはり書店に置かれるというのは嬉しいです。個展に来なければ観てもらえなかった人にも自分の作品を観て頂けるのは本当に大きかったです。

ながさわたかひろ

関連記事