• HOME
  • 記事
  • 柔道
  • 視力を失った柔道家が伝えたい「人の可能性を見せる」パラリンピックの魅力

視力を失った柔道家が伝えたい「人の可能性を見せる」パラリンピックの魅力

東京オリンピックの閉幕からおよそ2週間。8月24日にパラリンピックが開幕を迎えた。依然として新型コロナウイルスの感染が拡大しており、緊急事態宣言下での開催に懐疑的な目が向けられている。

しかし柔道家として2008年のパラリンピックに参加した初瀬勇輔さん(視覚障害者柔道)は、様々な困難に向き合い、その都度絶望から這い上がってきたからこそ、パラリンピックが今の世の中に「可能性」を示すことができると語る。

現在は日本パラリンピック委員会の運営委員を務める初瀬さんにインタビューをお願いした。

※障害の表記について:固有名詞以外は「障がい」と記載しております。

「非接触」は、特に視覚障がい者に厳しい

──新型コロナウイルスの蔓延は、障がい者の方々にも大きな影響を与えているのでは?

初瀬勇輔(以下、初瀬) 障がい者のなかでも、特に視覚障がい者にはかなり厳しいと思います。去年の4月や5月は人が全く出歩いていなくて、視覚障がい者が道に迷っても尋ねることができませんでした。

視覚障がい者を案内する際は、肩や肘に触れるなど必ず接触を伴います。しかし今の世の中は接触を嫌がる。ご高齢の障がい者の方にはヘルパーさんが付くのですが、コロナの感染を嫌がって仕事に出てこないことがあるとも聞いています。

──確かに、コロナの蔓延で“接触を避ける”は1つのポイントとなっています。

初瀬 今は、非接触が進んでいますよね。例えばコンビニ。先日、買い物をした際にレジで「お支払い方法は?」と言われて「Suicaで」と答えると「(レジ画面を)押してください」と言われたんです。「操作がわからないので、現金でお願いします」と言っても同じように「押してください」と言われました。

非接触が増えることで、世の中が便利になることもわかります。ただ、私たちのような視覚障がい者にとっては、逆に生きにくくなっている。みなさんが便利になったと思うことが、私たちにとっては不便になっていることって、実はあるんですよ。

関連記事