Smart Sports News

「せめて練習場だけでも…」 “新様式”のツアー会場でクラブメーカーが抱える苦悩【記者の目】(No.155912) | ツアーニュース | ツアー情報 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net|GOLF情報

UPDATE 2020/08/31

  • SHARE

リーダーボード

Pos 選手名 Sco 1 笹生優花 -13 2 小祝さくら -11 3 濱田茉優 -3 李知姫 -3 三ヶ島かな -3 6 有村智恵 -2 大山志保 -2 永峰咲希 -2 9 野澤真央 -1 西村優菜 -1 順位の続きを見る

選手とクラブメーカーが弾道を見ながら相談するシーンはいつ戻る?

選手とクラブメーカーが弾道を見ながら相談するシーンはいつ戻る?(撮影:村上航)

今季の国内女子ツアー3試合目となった「ニトリレディス」。これが記者にとって、今季初めてのトーナメント会場での取材となったが、改めて新型コロナウイルスが女子ツアーに与えた影響を実感する4日間となった。

笹生優花と小祝さくらが“新様式”で健闘をたたえ合う

無観客とあって、ギャラリーをコースで見かけることはもちろんない。関係者も、感染防止策のためゴルフ場内で動ける範囲は制限される。私たち記者でいうと、昨年までは自由に行き来できたクラブハウス内には入ることができず、試合の様子もクラブハウス近辺ホールのティ、グリーンでしか見ることができない。

そんな“新様式”となったコースでは、当然ながらこれまで通りいくことばかりではなく、そのために頭を悩ます人たちもいる。あるクラブメーカーのツアー担当者からは、「せめて練習場にだけでも入れると、少しは違うんですが…」という苦悩の声も聞こえてきた。

『ツアーレップ』と呼ばれるこの人たちは、クラブ面で選手の活躍を支える役割を担っている。練習場で選手が打つ球を見て、その場で意見を交換し、その選手にとって最適なクラブ調整の方向性を模索する。自社クラブを何本も抱えたレップと選手が話し込む光景は、昨年までのトーナメント会場における日常の一コマだった。

しかし今年は、その光景も大きく様変わりしている。各メーカーは、試合会場ですぐにクラブ調整を行えるよう、様々な機材を積んだ大型のバスを常駐させているのだが、現在ツアーレップが動けるのは、この“バス周辺”に限られている。つまりラウンド中の選手の様子はもちろん、練習を直接見ることすらもできない状況だ。

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事