ゴルフ,初心者

ゴルフ初心者が早く上達するためにすべき5つのポイント

ここ数年、ゴルフを始める若者がまた増え始めてきましたよね。

これは、近年のプレー料金の値下げやオシャレなゴルフウェアが増えてきたこと、そしてVODやYouTubeなどで気軽にゴルフの動画を観ることができるようになってきたことが要因だと考えられます。

本格的にゴルフを始めると、「早く上達したい」「なるべく早くスコア100を切りたい」という風に思ってしまいがちです。

しかし、ゴルフは非常に奥が深いスポーツなので、そう簡単には初心者を卒業することができないものです。

「難しいのはわかってるけど、それでも最短で上達したい」というやる気のある初心者ゴルファーは、効率の良い上達方法を求めているはずです。

この記事では、そんな「ゴルフ初心者が早く上達するためにすべき5つのポイント」について解説していきたいと思います。

ゴルフ初心者が早く上達するためにすべき5つのポイント

ゴルフ沼,初心者,ラリー遠田

グリップの握り方や足の幅やボールに当てる最低限のスイングの習得は、ゴルフ経験者の人に教わっていけばそれほど時間が掛からずに習得できることでしょう。

しかし、問題は実践で役立つスキルであり、それを素早く習得することができれば一気にスコアも良くなっていくはずです。

それでは、具体的に素早く上達するために必要なポイントをいくつか挙げていきましょう。

ゴルフコーチにマンツーマンで教わる

初心者ゴルファーにしてみると、友人や会社の同僚などゴルフ経験者のスイングはとてもきれいに見えますし、正解であると思い込んでしまいがちです。

経験者の人も、上達してもらいたいという思いから親切に教えてあげたくなるものです。

しかし、「ある程度」は教えることができても、スコアを大きく伸ばしていくような正確なスイングを教えることはなかなか難しいものです。

そこでおすすめなのが、「ゴルフコーチにマンツーマンで教わる」という選択肢です。

多くのゴルフ練習場では、プロによるゴルフスクールがあります。

月額制なのかチケット制なのかによっても金額が違いますし、地域によってもかなり料金は変わってきます。

速く上達するためには、やはりプロクラスの人にマンツーマンレッスンを受けるのが最善の方法だと言えます。

自分に合った正しいスイングを身に付けることができます。

ゴルフ初心者にありがちな「このスイングで合ってるのかな?」という不安を感じることなく、習ったスイングを続けていくだけで良いのです。

飛ばしたい気持ちを抑えてスイングフォーム習得に集中する

ゴルフ初心者の人は、打ちっぱなしでフォーム習得のためにひたすら打ち続けることになりますが、どうしても「飛ばしたい」という欲が出てきてしまうものです。

中には飛ばしたときの気持ち良さを味わいたいという欲に負けてドライバーばかり練習する初心者ゴルファーさんもいたりします。

しかし、初心者ゴルファーは、7番~9番のアイアンで練習するのがベストです。

飛ばすのではなく、毎回正しいスイングができるように意識しながら打つことがとても重要なのです。

自分のフォームを動画で撮影する

スイングの練習をしているうちに、少しずつマンツーマンレッスンで教わったスイングと違うフォームになってしまうケースも多かったりします。

これを防ぐために、レッスンで身に付けた正しいフォームを動画で撮影しておき、毎回自分のスイングを撮影しその正しいフォームで打てているのか確認することが重要です。

自分のフォームを動画で見返せば、どこが間違っているのかを一目瞭然で把握することができるはずです。

柔軟性を高める

ゴルフスイングで重要となるのは、正しいスイングフォームを身に付けることですが、「柔軟性を高めること」でより早く上達していくはずです。

肩甲骨や首、股関節などの筋肉や関節を柔らかくすることで、非常にスムーズにスイングすることができるようになります。

また、ゴルフをプレーする上での「怪我防止」にも役立つので、「スイングのし過ぎで怪我をしてしまい数週間練習することができない」という事態を未然に防ぐことができるのです。

毎日お風呂上りに首や肩甲骨、股関節などのストレッチをしていけば、1ヶ月後にはかなり柔軟性が高まっているはずです。

ラウンドをこなす

初心者ゴルファーさんにありがちなのが、「自信がないからラウンドに行けない」ということです。

特に上手い人たちとラウンドしなければならない場合は、「迷惑をかけてしまうかも」「単純に下手な自分を見られるのが恥ずかしい」という思いからなかなかゴルフ場に行けなかったりするものです。

しかし、素早く上達するためには、打ちっぱなしで身に付けたスイングがラウンドでも通用するのかを実践し、そこから得た学びを再び打ちっぱなしで習得していくということがとても大事となります。

素早く上達したいのであれば、勇気を出して積極的にラウンドを回るようにしましょう。

関連記事