• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 「“大学で強くなった”と言われる環境を」強豪・中央大学卓球部男子の練習に潜入

「“大学で強くなった”と言われる環境を」強豪・中央大学卓球部男子の練習に潜入

卓球インタビュー 「“大学で強くなった”と言われる環境を」強豪・中央大学卓球部男子の練習に潜入

2021.10.13 取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)
自由になる大学生活では、高校時代に全国で名を馳せたプレーヤーが堕落し、消えていく場面をこれまで良く見てきた。では逆に強くなる大学というのはどういう環境なのだろうか?

今回は、関東学生リーグ1部で戦い、全国大会でも上位に入る中央大学卓球部男子の練習にお邪魔した。新キャプテン橋本一輝(3年・愛工大名電高出身)、チームのツインエースである小野寺翔平(3年・専大北上高出身)、浅津碧利(3年・エリートアカデミー/帝京高出身)、白神俊佑監督に話を聞いた。

中央大学
【中央大学卓球部男子】関東学生リーグ1部に所属する強豪校。宮本幸典(リコー)、弓取眞貴(日野自動車キングフィッシャーズ)、定松祐輔、一ノ瀬拓巳(ともに日鉄物流ブレイザーズ)ら日本卓球リーグの実業団に数多くのOBを輩出している。2017年には宮本/定松ペアが全日学男子ダブルスで優勝。このページの目次

  • [7 潜入・大学卓球部]()

新主将・橋本が思い描くチーム構想

まずは、柏友貴(4年・関西高出身)からキャプテンを引き継いだ橋本(3年・愛工大名電高出身)に話を聞いた。新キャプテンとしてどのようなチームを目指すのだろうか。

橋本一輝
写真:橋本一輝(中央大)/撮影:槌谷昭人――キャプテンとして中央大学をどうしていきたいですか? 橋本一輝:リーグ戦では4位、インカレではベスト8などで終わることが多いです。 でも、それ以上の力はみんな持っていると思うので、ワンランクアップできるようにどう変えていけるか。そこを試行錯誤していきたいと思います。

――具体的には? 橋本一輝:小野寺、浅津がツートップで強いので、僕も含めてみんなそこに頼っているところがあります。 でも、下の選手がワンランクアップして、彼らもそれに負けないように強くなって、という循環になれば最高の形とは思っています。

関連記事