• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • 最初の指導者はアマチュアでいい 「楽しんでもらう」が今後のゴルフ界を発展させる【JGCF代表理事インタビュー】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

最初の指導者はアマチュアでいい 「楽しんでもらう」が今後のゴルフ界を発展させる【JGCF代表理事インタビュー】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

リーダーボード

Pos 選手名 Sco 1 TEAM KANAGAWA(神奈川県。松木このみ、田村琉煌、田村萌来美、山崎咲寿) -22 2 Team KONAN(兵庫県。中野識司、藤井瀬名、福原佑樹、山内祐輝) -20 3 那須ジュニアゴルファーズクラブ(栃木県。佐々木俊輔、小林航大、田中澄南里、齋藤愛桜) -19 4 アマバンド&スポーツ(兵庫県。鳥居さくら、三井優奈、吉川采香、山田龍之介) -16 羽ばたけ、はばタン!(兵庫県。中川敬太、船岡誠志郎、藤原奈々、高山ささら) -16 6 サニーレッド(沖縄県。浦崎涼、宮城柚、高里真貴子、仲村梓) -14 7 聖霊中学校(愛知県。金谷一希、小宮千愛、金谷希優、伊藤せあら) -13 ミズノゴルフアカデミー有馬(兵庫県。森下芽彩、中嶋月葉、山下倖輝、木村塁) -13 9 SI-MF(千葉県。岸田想來、大久保友貴、山崎暖真、片野貫一朗) -12 エナジックゴルフアカデミー(沖縄県。與儀小桜、塚原茉里香、塚原大雅、新垣くらら) -12 順位の続きを見る

JGCFの代表理事・井上尚彦氏にインタビュー

JGCFの代表理事・井上尚彦氏にインタビュー(撮影:ALBA)

8月10日(火)、11日(水)の2日間、三重県にあるCOCOPA RESORT CLUB 三重白山ヴィレッジゴルフコースで「U15全国ジュニアゴルフクラブチーム対抗戦」が行われた。今大会はゴルフを通じての健全なジュニア育成を目的とし、部活がなくても大会に出られるなどの門戸を広げるため4月に発足した一般社団法人ジュニアゴルフクラブチーム連盟(JGCF)が主催となって行われた。

楽しそうにプレー!全国のジュニアが終結!【大会フォト】

北は北海道、南は沖縄、小学校3年生から中学校3年生と幅広い年代の様々なレベルの子供たちが一堂に会して行われた今大会。10月からはクラブチームの連盟への登録も始まりさらなる展開が予想される。そんなJGCFはどこを目指していくのか。どこに重きを置いて活動していくのか。JGCFの代表理事・井上尚彦氏に話を聞いた。

―まずは今大会を終えて今のお気持ちをお聞かせください
開催してよかった、というのが率直な気持ちです。初めての大会なので開催する前は不安もありましたが、終わってみてこういった大会をもっともっとやりたいなという気持ちになりました。

―その「良かった」というのは具体的にどの部分ですか?
クラブチームの仲間たちと一緒に2泊3日、ゴルフを含めて指導者が中心となった子供たちの輪ができて、その周りで保護者の方々が応援している。その仕組みをちゃんとできたところが良かったですね。

―改めて大会を開催した意義をお聞かせください
日本高等学校・中学校ゴルフ連盟(井上氏はこちらの代表理事も務めている。以下高ゴ連)はどちらかといえば競技が中心となっていますが、このジュニアゴルフチームというのはそうではなく、15歳以下の子供たちにまずはゴルフを楽しんでもらいたい、ゴルフをする子を増やしたい。そしてゴルフを仲間と一緒にやってもらいたいというスローガンがあります。

関連記事