アディダスのサッカースパイク「コパ」の特徴と魅力!

アディダス,サッカー,スパイク,プレデター,コパ

「アディダスエックス」や「アディダスプレデター」と並ぶ人気モデルである「アディダスコパシリーズ」は、「足に吸い付くボールタッチを。」というコンセプトに開発されたスパイクです。

アディダスのスパイクの中でもかなり人気の高いモデルとなっていて、現在も多くのスター選手がコパのスパイクを着用してプレーしています。

特に2021年2月に発売された「コパセンス」は、多くのサッカープレイヤーたちが現在気になっているスパイクであると言えるでしょう。

この記事では、そんなアディダスのサッカースパイク「コパ」の特徴と魅力について解説していきたいと思います。

アディダスコパの製品特徴

コパシリーズは、アディダスのスパイクでは唯一天然皮革が使用されています。

プレミアムカンガルーレザーとプライムニットを継ぎ目のない状態で 融合させているので、見た目的にも非常にスタイリッシュとなっています。

この継ぎ目のない融合は、「フュージョンスキン」と呼ばれていて、履き心地の良さと優れたフィット感を実現するものとなっているのです。

水を吸収しにくいという特徴があるので、天然皮革でありながら雨の日でもプレーしやすくなっています。

また、非常に軽量であるというのもコパに魅力の1つとなっています。

これは、2層のアウトソールプレートとスタッド構造によって実現されたスプリントフレームソールで、軽量で動きやすいというメリットを生み出しているのです。

インフロント、アウトフロントには、タッチポッドが内臓されていて、ボールの勢いを吸収しやすく、吸い付くようなボールタッチを実現できます。

足首周りとかかと部分には、クッション性の高いセンスポッドが配置されています。

これは、解剖学を基に配置されているので、まるで足とスパイクが一体化したような感覚でプレーすることが可能なのです。

関連記事