• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 【新時代サッカー育成対談】幸野健一×北原次郎×菅原和紀×佐々木洋文|「北海道が『育成大国』になるために」|中編

【新時代サッカー育成対談】幸野健一×北原次郎×菅原和紀×佐々木洋文|「北海道が『育成大国』になるために」|中編

掲載協力・WHITE BOARD SPORTS


■登壇者

・幸野健一|プレミアリーグU-11実行委員長/FC市川GUNNERS代表/サッカーコンサルタント
・北原次郎|プレミアリーグU-11北海道実行委員長/北海道コンサドーレ札幌アカデミーダイレクター
・菅原和紀|Faminas(ファミナス)監督
・佐々木洋文|トロンコ旭川FC 代表

■ファシリテーター

・北健一郎|サッカーライター/ホワイトボードスポーツ編集長


関連記事


降雪地域のフットサルはサッカーにメリットか?

──ケンさんは千葉にいて関東にはジェフユナイテッド千葉もあればFC東京もある。こういう環境は子どもたちのレベルは上がりやすくなりますか?

幸野 世界中みんな普遍的にそうなわけですから。

──世界中がですか?

幸野 やはり成長するには強豪ライバルが必要なわけで、それが身近にいる環境というのは当然ながら成長スピードは早いと思う。それがないとさっき次郎くんが言ったようにハンデになる。だからといって日本中均一にはできないわけだからその与えられた環境の中でやるしかないです。その中で青森山田高校じゃないですけど、僕ら指導者が創意工夫しながらその差を埋めるために全国を回ったりしている。寒冷地で大変だと思いますけど選手が育たないわけではない。僕の目からすると寒冷地はフットサルをしていますし、それが今日のテーマにもなると思っていましたけど、フットサルは果たしてサッカーにおいてプラスになるのかどうか。逆になるのであれば、それがハンデではなくメリットになる可能性もある。

──サッカーができなくてフットサルをプレーすることがメリットになる。

幸野 サッカーができなくてフットサルをやらざるを得ないかもしれないですがそのフットサルがサッカーにおいてもプラスになるのであればそれはまた違う見方にもなると思う。元フットサル日本代表の菅原さんもいますがその辺りは皆さんどう捉えているかを聞きたいです。

佐々木 そこに関してはメリットになると信じてやっているというのが正直なところです。どうであれ、フットサルをやらざるを得ない環境をどうやってメリットに変えていくかが勝負だなと思ってやっている。不利をどう有利に持っていくかというところの戦いだなと思っています。フットサルとサッカーで何がメリット、デメリットかという部分の整理は今まだ整理中ではありますけど、いかに狭い中でフリーの時間を作るかというところの勝負がフットサルにおいてはかなり長けていると間違いなく思う。そこに関しては確実にメリットだなと思っています。

ただ逆にレンジでいうと限りなく狭い中でプレーするのがフットサルなので外に出たタイミングで一番ネックになってくるのはそこだなと感じています。そこをどういうふうに調整していくかというところでは、実はまだ僕の中で答えがないのでそこをカズとも話をしながらどうやってやっていくかというのが、この地域を育成大国に持っていくところにつながっていくと思っています。

菅原 ヒロがチームを始めて4年目で僕は2年目なので2年先輩になりますけど、僕も当初は自分の経歴を信じて「フットサルの戦術をそのままサッカーに」とか「ピヴォ当てを攻撃の最終レンジに入った時の崩しに使えるのか」とか「パラレラと言われるフットサル戦術が最後の最後にシュートを生み出す戦術になるのか」と、こだわりがありました。ですけど最近はフットサルをサッカーに繋げるものはトランジションの部分かなと思っています。冬になってフットサル大会が開催されて、攻守の切り替えのところがサッカーからフットサルに入るとぼやけているんです。ということはサッカーでもトランジションを言ってやっていても距離感の違いだとかコートの広さの部分でそこの意識ってなかなか根付いていないんだなとすごく感じています。

冬になったら嫌でも毎回フットサルのトレーニングになるので、そうなるとトランジションの部分が良くなってくるんですよね。トロンコは通年で週に1回やっていると思いますけど、夏にもフットサルを取り入れるメリットが初めてあるのかなと感じています。ファミナスは夏は基本サッカーなんですけど、やはり週に1回だけでもフットサルを取り入れて切り替えの部分の意識づけがぼやけないようにというので、もしかしたらフットサルって通年必要なのかなと感じています。

幸野 こんなに近い2人でも考え方が全然違うわけですね。僕は一度フットサルU-20代表監督をしていた鈴木隆二さんと議論したことがありますけど、やはりみんなそれぞれいろいろな考え方がある。彼は2対1の攻撃とかフットサルの戦術はサッカーで応用できる部分がたくさんあると言っていました。決してなくはもちろんないわけじゃないですか。だけども環境としてそれをやらざるを得ないのであればなんとかしてそれをプラスな方向にもっていくしかない。でも、フットサル的な技術の高い選手が出ている評価はあるんですか? 例えば「Jリーガーの中でも北海道出身の選手はフットサルをやってきただけあって足下の技術が高いよね」という評価は僕の中であまり聞かないので。

──確かに北海道出身のサッカー選手やコンサドーレの選手で足下に長けた選手はそんなにいないですよね。

北原 そうですね。ただ、今までで言ったら山瀬(功治)選手もそうですし宮澤(裕樹)選手もそうですし、コンサドーレ以外でも西大伍選手だったりテクニカルな選手は比較的輩出している方なんじゃないかなと思っています。

幸野 そのベースにフットサルがあったと考えていいですか?

北原 4種年代ではかなりフットサルをプレーしていることで足首でクッとボールの方向を変えたりするところなんかはフットサルによる影響ですごくいい方向にいっていると思います。

関連記事