• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • プロゴルファー 大西葵 AOI OHNISHI Vol.2「まずは1勝、それしかありません」

プロゴルファー 大西葵 AOI OHNISHI Vol.2「まずは1勝、それしかありません」

鮮やかなウェアに身を包み、果敢なアプローチでグリーンを彩る大西葵プロ。ゴルフ一家に生まれ育ち、2014年にプロキャリアをスタートした。ただし彼女は、栄光が約束された道を歩いてきたわけではない。パターに苦しみ、6年目の2019年にようやく賞金シードを獲得。翌2020年はコロナ禍の難しいシーズンを賞金ランク58位で終え、12月に手首の手術に踏みきった。今年1月には、伊藤有志プロと結婚。プライベートでも転機を迎えた彼女にとって、プロ8年目のシーズンにかける想いは大きい。目標を「とにかく1勝」と定めている。そんな彼女は、どのようにゴルフと出会い、向き合い、研ぎ澄まし、さらに磨いていくのか──。「Smart Sports News」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

藤田プロとは性格が真逆だからこそ気が合う

──今年1月に、ご自身のSNSを通して結婚を報告されました。どんな反応がありましたか?

身近な人には伝えていましたが、知らない人からはすごく驚かれましたね(苦笑)。

──26歳でツアーの第一線を戦う現役プロ選手としては、珍しいそうですね。

ゴルフ選手が結婚する場合は30代の人も多いですが、社会では一般的ですし、私自身は30歳になる前にしたかったので、特に年齢を気にすることはありませんでした。

──ご家族とはやはりゴルフの話がメインなのでしょうか?

自然とゴルフの話になってしまいますよね。でも、試合のシビアな話はあまりしません。

 

──技術論などは話さないのでしょうか?

そうですね、少ないです。聞かれたら答える感じなので、あまり突き詰めた話はしません。

──ゴルフ仲間としては、藤田光里プロと仲が良いそうですね。

光里とは一番仲が良いですね。ツアー会場でたまたま同じ練習ラウンドになったのですが、性格も反対でしたし、最初は仲良くなれると思わなかったのですが……真逆だからこそ気が合うのかもしれません(笑)。

──大西さんはどのような性格ですか?

せっかちで、うるさい(笑)。

──では、藤田さんは?

マイペースで、おっとり(笑)。

──では、普段から大西さんがリードする感じですか?

たしかに、どこかに一緒に行こうというときの行き先はたいてい私が決めますね(笑)。コロナ禍はなかなか出掛けられなかったのですが、それ以前は、美味しいものを探してよく食べに行きました。光里とはこの先も良い関係を続けて、一緒に切磋琢磨していきたいです。

関連記事