• HOME
  • 記事
  • 野球
  • 「全く信じられない!」大谷翔平のオープン戦第1号に米熱狂! “オオタニ愛”を公言する記者からは「今季は50発」との予測も

「全く信じられない!」大谷翔平のオープン戦第1号に米熱狂! “オオタニ愛”を公言する記者からは「今季は50発」との予測も

オープン戦から存在感を放つ大谷。打者出場4戦目でついに初アーチが飛び出した。(C)Getty Images
待望のオープン戦第1号に現地も大盛り上がりだ。

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!

現地時間3月26日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地シカゴ・ホワイトソックスとのオープン戦に「1番・DH」で先発出場。予定されていた登板は回避となったものの、打者として“2022年初アーチ”を記録するなど、順調な仕上がり具合を見せている。

豪快な弾丸ライナーが飛び出したのは、その一回だ。相手先発ビンス・ベラスケスが投じた真ん中低めの初球カーブをすくい上げると、その打球はグングン伸び、あっという間に右中間スタンドへ。4月7日のシーズン開幕へ向け、弾みをつけるプレーボール弾となった。
これには、現地メディアも続々と反応を示しており、かねてから“オオタニ愛”を公言してきた米スポーツ専門局『Fox Sports』のベン・バーランダー氏は、「ショウヘイ・オオタニが先頭打者本塁打だ」と公式ツイッターに記し、「今季は50発打つだろう」との予測を綴っている。

さらに、地元放送局『Bally Sports West』で解説者を務める、エンジェルス名物OBのマーク・グビザ氏は、「ショウヘイ・オオタニが初球に大きな当たり!」と興奮気味にツイート。「オオタニサン、全く信じられない!」と続け、「#Sugoi」とハッシュタグを添えた。

その後、第2打席を四球、第3打席を空振り三振とした大谷。6回に代打を送られて途中交代し、この日は2打数1安打1打点、1四球という内容だった。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】大谷翔平が放った待望の“OP戦第1号”をチェック!

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

【関連記事】大谷翔平がエンジェルスを“卒業”する日――ワールドチャンピオンを目指すならFA移籍は不可避?〈SLUGGER〉

関連記事