• 執筆者リスト

hinata編集部

hinata編集部

hinata編集部の記事一覧

アウトドア

ホールアース新作はまさかの「カレー缶」!漬物に合う本格スパイスカレー...

キャンプ初心者やファミリーに人気のアウトドアブランド「ホールアース」。毎シーズン、「これが欲しかった!」というアイテムを多数リリースしていますが、2022年の新作で特に注目なのが、オリジナルの「缶詰入りカレー」。和風出汁ベースのシーフードカレーやハーブ香るグリーンカレーなど、スパイスが香る4種セットを販売中です。...

アウトドア

那須のグランピングリゾート「WHITE LAMP」で優雅に“外こもり”。北欧テイ...

リゾートホテルグレードのおもてなしで話題のグランピング リゾートが、栃木・那須高原の「WHITE LAMP」。いつものキャンプとは違って手ぶらで出かけられ、自然を間近に“何もしないこと”で解放される心地よい時間を過ごせるのが魅力です。目的別に選べるラグジュアリーなお部屋や、見ているだけでも満足できる華やかな食事と...

アウトドア

キャンプトレンド発信地・韓国が生んだ「オンオフ」上陸。高耐久の木製コ...

世界的なキャンプトレンドの発信地、韓国から、同国のキャンプシーンを牽引するアウトドアギアブランドが今年、本格的に日本に進出します。その名も「オンオフ」。木材を基調としたメロウな作りのコンテナボックス「ソブン」と間仕切り「ウル 」は、インテリアのような趣を醸し出すキャンプギア。ギア同士を連結できる拡張性も持ち合わせ...

アウトドア

【3月19日(土)・20日(日)】はゼビオ調布東京スタジアム前店に集合!キャン...

アウトドアメディア「hinata」によるキャンプ・登山用品の買取イベントが2022年3月19日(土)と20日(日)、東京・調布の「スーパースポーツゼビオ調布東京スタジアム前店」で開催されます。お持ちいただいたアイテムはその場で査定。全国のゼビオグループ全店で使える商品券にお引き換えします。自宅で眠っているキャンプ...

アウトドア

都心から1時間!相模原市の週末キャンプは、ゆとりと充実感に満ちていた

せっかくの休日キャンプが行きの渋滞で遅くなり、思ったより時間が足りなかった経験はありませんか?そこで提案したいのが、半日休暇を活用した週末の「平日キャンプ」です。hinataスタッフが向かったのは、都心から車で約1時間の距離に位置する神奈川県北部の相模原市。キャンプはもちろん、地元の食べ物や観光スポットを楽しむ贅...

アウトドア

足りないのは統一感?キャンプサイトとスタイルを見直して自分の色を出そう!

キャンプの楽しみのひとつといえば、居心地の良い空間を演出するためのサイトづくり。でもいまいち自分のキャンプサイトがおしゃれにならない!そんなキャンパーさんのお悩みを解決するべく、キャンプサイト作りのコツを「統一感」をテーマに、おすすめのアイテムを交えながら紹介していきます。

アウトドア

ファミリーキャンプの食卓事情を救う「”神”パック豆腐」とは...

「足りなくなったらどうしよう」と食材を買い込みすぎた結果、食べきれず、クーラーで保管していた食材も帰る頃には生ぬるくなって泣く泣く廃棄…。そんな失敗を避けるべく、上級者が活用しているのが缶詰などの常温保存可能品。中でも特にアレンジがきくのが、紙パック入りの「ずっとおいしい豆腐」です。キャンプ料理のプロが考案した「...

アウトドア

ファミリーテントは「大は小を兼ねる」とはいかないワケ。ベテランデュオ...

桜の便りも聞こえ始め、いよいよ本格的なキャンプシーズンの到来。新しい家族に恵まれ、ファミリーキャンプをいざ始めようというとき、悩むのが選ぶテントの大きさです。「子どもが増えるかもしれないし、大は小を兼ねるのでは?」と思ったファミリーキャンパーは要注意。ややコンパクトなテントを選ぶメリットをお伝えします。

アウトドア

保冷ギアの決定版!電気式クーラーボックス×大容量ポータブル電源でキャン...

ポータブル電源と家電の組み合わせで、キャップをより快適に楽しむEキャンプ。今回のテーマはキャンプの保冷対策です。今回は、年々人気が高まっている電気式クーラーボックスの使い勝手や便利な使い方、活躍シーンを最新アイテムを交えながら紹介していきます。電気式クーラーボックスの実力とは?

アウトドア

「今知っているブランド=おしゃれ」の勘違い。ファミリーキャンプをステ...

「とりあえず買った道具でキャンプに行ったら、まわりとちょっと違う…」「今年こそキャンプをはじめたい」という方へ!今、キャンプ界で起きている変化の一つが、既存の大手ブランドにはない、洗練されたデザインとコストパフォーマンスを両立させた新鋭ブランドの台頭です。その筆頭が「ANOBA(アノバ)」。居心地のいいサイト作り...