• HOME
  • 記事
  • テニス
  • サービスを改造して好調の大坂なおみ。助言したキリオスがその内容を明かす「自分の“間”を取ることが大切だ」<SMASH>

サービスを改造して好調の大坂なおみ。助言したキリオスがその内容を明かす「自分の“間”を取ることが大切だ」<SMASH>

キリオスと練習を共にし、彼のアドバイスでサービスフォームを変えた大坂なおみ。それは「私がずっと求めていたテクニックだった」という。(C)Getty Images
「私の現在地を知るための、格好のテストだと思う」

マイアミ・オープンの1回戦を突破した時、大坂なおみは、来たるアンジェリーク・ケルバーとの対戦をそう評した。

ケルバーは3度のグランドスラム優勝を誇る女子テニス元世界1位で、現在も15位につける実力者。先のBNPパリバ・オープンでも、敗れはしたがイガ・シフィオンテクとフルセットの熱戦を演じ、34歳を迎えた今なお、危険な選手であることを印象付けたばかりだった。

そのテストを大坂は、6-2、6-3の圧巻のスコアでパスしてみせる。

「今日のナオミは、完璧に近いプレーをした。特にサーブが素晴らしく、私は常に守勢に回らざるを得なかった」

敗戦後は言葉数少ないケルバーが、この日は、笑みを交えて大坂を称える。敗戦を受け入れるサバサバとした口調が、大坂の高質のプレーを映していた。
ケルバーが敗因として挙げた大坂のサービスは、勝者の側から見れば勝因となる。この日は、ファーストサービスの確率こそ52.9%とそこまで高くなかったが、強風を考慮すれば仕方のないところ。

それ以上に着目すべきは、88.9%のファーストサービスポイント獲得率。セカンドサービスでも58.3%と高く、許したブレークはゼロ。リターン巧者のケルバー相手であることを思えば、驚くべき数字である。

なお1回戦のアストラ・シャルマ戦でも、大坂のサービスポイント獲得率は、ファーストで93.1%。セカンドでも70%を叩き出していた。

この数字には大阪も、「この1年、リターンとサーブに取り組んできた成果」と、表情にも自ずと明るい色が灯る。とりわけ、今大会でのサービス好調の背景には、意外な人物の助力があることを、大坂はケルバー戦後に明かした。

その人物とは、ニック・キリオス。せっかちなまでに早いリズムで、次々に時速200km超えの超高速サービスを叩き込む、天才肌のサービスの名手だ。

大坂がキリオスと練習を共にする機会があったのは、BNPパリバ・オープンを控えたロサンゼルス。一見意外にも見えるタッグが実現したのは、両者のエージェントが同じだからだ。
その豪華な練習時に、大坂はキリオスのサービスフォームを、つぶさに観察したという。

「以前の私は、サーブの時に足を揃えていなかったけれど、コーチのウィム(フィセッテ)は、バランスを取りながら両足を付けるようにと言い続けていた。それでニックを見ていたら、彼はこんなふうに片足をスライドさせて足を揃え、爆発力を生んでいた。それは私が、ずっと求めていたテクニックだったの」

両手の拳を足に見立て、大坂はキリオスの動きを解説する。それは重心移動と同時に、右足を引きずるように軸足へ寄せる方法だった。

大坂が羨む「テクニック」を、キリオスは試行錯誤の末に修得したのだろうか? その問いにキリオスは、「面白いことに……」と切り出した。

「僕は人生の中で、サーブばかりは、ほとんど練習してこなかったんだ。練習時間の最後に、5分程度肩慣らしでやるくらい。今年の全豪オープン前の3か月間で、サーブを200本以上は打ってないと思うよ」

これぞキリオスの、キリオスたる所以だろう。あのあまりに自然体なサービスフォームは、いつのまにか自然に獲得したものだというのだ。
そのキリオスは、大坂に送った助言を次のように明かした。

「僕がした最良のアドバイスは、考えすぎてはいけないということ。日常生活のなかでも、自分が制御できることには、ルーティーンがあるはずだ。サーブはテニスのなかで、自分で全てをコントロールできる唯一のショット。だから自分の“間”を取ることが大切だ」

さらにキリオスは、技術的な改善点についても、言葉を続ける。

「彼女は足をスライドさせて揃えるようにした。これは僕が思うに、ステップを踏むようにして揃えるよりも、勢いが付きやすいと思う」

その後も、大坂に対し多くの賛辞を述べたキリオスは、「彼女が僕から、サーブ“だけ”を学んだのはうれしいね」とチャーミングに笑った。

なおキリオスは2回戦で、第5シードのアンドレイ・ルブレフ相手に6-3、6-0で快勝。「調子の良い日には誰にでも勝てるし、悪い日は誰にでも負ける。それが俺」とうそぶくも、先のBNPパリバ・オープンでもベスト8に勝ち上がるなど、ここ最近好調だ。

一方の大坂も、カロリーナ・ムチョバの棄権により、戦わずして4回戦へ。キリオス仕込みのサービスで勢いを付け、久々の頂点へと照準を合わせる。

現地取材・文●内田暁

【PHOTO】「全力を尽くす」ことをテーマに掲げて挑んだ大坂なおみの全豪OP厳選ショット!

関連記事