• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • ビースト・林大地。一生懸命さが生み出すサクセスストーリー #sagantosu #daihyo

ビースト・林大地。一生懸命さが生み出すサクセスストーリー #sagantosu #daihyo

サッカー日本代表は3月24日、ワールドカップ(W杯)アジア予選でオーストラリア代表と対戦します。勝てばW杯出場が決まる注目の一戦で、エースの大迫勇也の離脱を受けて追加招集されたのが林大地選手です。

『ビースト』の愛称で知られる林選手は、履正社高、大阪体育大を経てサガン鳥栖に加入。昨年行なわれた東京オリンピックでは、全5試合に出場しました。その活躍が認められ、夏にシント・トロイデンへと完全移籍するなど、着実にステップアップしています。

そんなサクセスストーリーを歩む林選手ですが、アマチュア時代には2度の大きな挫折を味わっています。それでも這い上がってきた林選手の強さとはなんでしょうか?

サッカーライターの安藤隆人さんに、高校時代の恩師の言葉をもとに振り返っていただきました。

■クレジット
文・写真=安藤隆人

■目次
恩師に届けた代表招集の吉報
G大阪ユースに昇格できず履正社へ
履正社高の歴代最強チーム
挫折を味わったからこそ「俺には時間がないんや!」
一生懸命という大きな才能を武器に

恩師に届けた代表招集の吉報

3月20日にJヴィレッジで開催されていた、高校生のサッカーフェスティバルであるJ-VILLEGE CUP。この大会に参加していた履正社高の平野直樹監督の下にとある選手から連絡が入った。

「先生、大地です。正式リリースされる前に先生に伝えたくて、A代表に追加召集されました。全力で頑張ります!」

連絡の主はFW林大地。平野監督の教え子であり、履正社高からサガン鳥栖、そしてベルギーのシントトロイデンで活躍するストライカーだ。

東京五輪でも主軸としてプレーした林は、カタールW杯出場がかかったアジア最終予選のアウェイ・オーストラリア戦、最終戦となるホームのベトナム戦に挑む日本代表に、大迫勇也の負傷離脱を受けて追加招集された。

「彼は本当に一生懸命。この言葉に尽きる」

林を評価する平野監督の言葉に筆者も同意する。林と言えば『ビースト』という愛称で親しまれるように貪欲で、持ち前のスピードとフィジカルの強さ、そしてシュートセンスを駆使してゴールに迫っていくプレーが特徴だ。

精悍な顔つきで、多少厳しいボールでも力強いスプリントと抜群のボディーバランス、そしてボールの落下地点を読める空間把握能力を生かしてボールを収め、そのままドリブルでゴールまで運んでいく。そのプレーはまさに一生懸命。だからこそ、周りは彼のプレーに惹きつけられ、そのパッションとゴールへの獰猛さを感じたことで、親しみを込めて『ビースト』と名付けた。

関連記事