• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 日本vs豪州、最終分析。“史上最高の状態“の日本は、W杯出場へ勝負に出る?慎重に戦う?

日本vs豪州、最終分析。“史上最高の状態“の日本は、W杯出場へ勝負に出る?慎重に戦う?

いよいよ、その時を迎える──。

勝てば自力でW杯出場。アジア最終予選でグループ2位につける日本代表は3月24日、オーストラリア代表との大一番に臨む。10月の対戦では、森保一監督が初めて4-3-3を導入し、2-1で勝利を収めた。それから4試合を重ねるなかで成熟度は増している。

期待値は高い。だが、相手は“因縁の相手”でもある。2006年に始まったライバル関係。これまでの戦いを踏まえても、簡単に決まる試合でないことは明らかだろう。

いったい、どんな結末を迎えるのか。

オーストラリアが遂行してきた4-2-3-1と、日本が路線変更した4-3-3。両者のシステムを紐解くなかで、この試合の見どころが明らかになる。

「3.24決戦」を前に、ぜひ読んでもらいたい濃密分析展望。これまで、日本代表の戦いを、ロジカルかつ的確に読み解いてきた分析家・五百蔵氏が、運命の戦いを語る。

※インタビューは2月20日に実施しました

■目次
日本の機能性への対抗策は2014年にハリルが提示済み
強みと弱みが表裏一体のオーストラリアの4-2-3-1
日本代表は“意に反して”史上最高の状態にある?
今の日本は「久保のチーム」にはなり得ない
3.24決戦は両者にとって答え合わせとなる試合

インタビュー:北健一郎
構成:本田好伸
写真:高橋学、日本サッカー協会

※記事内の表記
WG=ウイング
CB=センターバック
SB=サイドバック
SH=サイドハーフ
CH=センターハーフ
CF=センターフォワード

関連記事