今さら聞けない「Jリーグ」にまつわる4つの見どころ

table { border-collapse: collapse; width: 100%; } td, th { border: 1px solid #dddddd; text-align: left; padding: 8px; }

1993年5月15日の開幕から今年で28周年を迎えるJリーグ。そもそも、どんな歴史があるのか。どんなクラブが所属しているのか。現在はJ1、J2、J3の3つのカテゴリーはどんな概要で行われているのか。

歴代最多優勝クラブは?オリジナル10とは?今さら聞けないJリーグのヒストリー

日本で最もメジャーなスポーツの一つ「サッカー」の国内最高峰のリーグが「Jリーグ」。その歴史や現在の所属クラブ、歴代最多優勝クラブなど、今さら聞けないヒストリーを紹介しよう。

“3部制リーグ”の最上位カテゴリー「J1リーグ」とは?

2021シーズンは20チームが所属するJ1。12月まで、38節、ホーム&アウェイ方式による2回戦総当たりで優勝を争う。昨シーズンにコロナ禍の影響で降格がなかったこともあり、下位4チームがJ2降格となる。そのため、今シーズンは例年以上に「残留争い」も激化しそうだ。

1999年から始まった「J2リーグ」とは?

2021シーズンは22チームが所属するJ2。12月まで、42節、ホーム&アウェイ方式による2回戦総当たりで優勝を争う。と同時に、上位2チームが手にするJ1昇格、一方で、下位4チームが味わうJ3降格という、一戦必勝のヒリヒリするぶつかり合いにも注目だ。

2014年から始まった「J3リーグ」とは?

2021シーズンは15チームが所属するJ3。12月まで、30節、ホーム&アウェイ方式による2回戦総当たりで優勝を争う。多くのチームが“悲願のJ2昇格”を目指すなかで、それぞれの意地とプライドがぶつかるアツい試合に注目だ。

関連記事