• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 日本代表、最新分析。中盤の最強コンビ、田中&守田は替えが効かない、代わりがいない

日本代表、最新分析。中盤の最強コンビ、田中&守田は替えが効かない、代わりがいない

 

2022年1月27日、中国に2-0で勝利。続く2月1日、サウジアラビアにも2-0で勝利。ワールドカップ出場に向け、日本代表は5連勝でグループ2位をキープした。

この2試合を通して、4-3-3システムが高い精度を誇ったことや、それをもたらした田中碧、守田英正、遠藤航の中盤3人の機能性、そして伊東純也が圧巻のパフォーマンスを続けていることなど、日本にとってポジティブな結果だったことは間違いない。

3月24日には、自力でのW杯出場の期待がかかる運命のオーストラリア戦を控えている。

アジア予選を定点観測してきたなかで、中国戦、 サウジアラビア戦で見えた、日本のリアルな現在地とはどこか。日本はこのままW杯へと突き進めるのか──。

分析家・五百蔵氏へのインタビュー形式で真意に迫る。

※インタビューは2月20日に実施しました

■目次
インサイド中心の戦いはアジアで圧倒できるレベル
初速と伸びの両方のスピードを使い分ける伊東純也
「左サイド問題」を森保監督は気にしていないはず

インタビュー:北健一郎
構成:本田好伸
写真:高橋学、浦正弘

※記事内の表記
CH=センターハーフ
WG=ウイング
CF=センターフォワード
SB=サイドバック
CB=センターバック
DH=ディフェンシブハーフ

インサイド中心の戦いはアジアで圧倒できるレベルに

──2022年1月、2月の中国戦、サウジアラビア戦は、前回お話してもらったオマーン戦、ベトナム戦の延長線上にあるものでしょうか。さらにさかのぼると、ホームで戦った2021年10月のオーストラリア戦の延長線上にあると捉えていいでしょうか?

五百蔵容(以下、五百蔵) そうですね。4-3-3がある程度は形になってきた試合だと思っています。

──遠藤航がアンカー、田中碧と守田英正がインサイドハーフという形になりました。

五百蔵 最初の頃はやはり「やってみた」という感じが強く、4-3-3でインサイドハーフ2枚とアンカーよりも、3CHのようなイメージでした。中国戦前までは顕著だったのですが、WGとトップの選手との関係性は、インサイドハーフの2人がもう一つ、ケーススタディを詰められていない状態で、1列目と2列目が分断しがちでした。

それでも、基本的に日本はカウンターチームという話を前回もしましたし、それでも点を取れるので問題ありません。現段階で、アジアのレベルでは問題ないという感じです。これまでの試合では、その3枚のMFと前の3枚が有機的に絡めていませんでした。本来の4-3-3で期待されるものを出せていないなか、伊東純也、南野拓実が走り回っている状況。そこがかなり詰められていたな、という2試合でしたね。

試合のなかで「できたときもある」ではなく、後ろと前が絡みながらきちんとタスクとして回るようになり、大迫勇也と南野がさらに活きるようになりました。特に大迫が機能した。「大迫のいるチームはこうしたほうがいい」という形がようやくできていた印象です。というのは、インサイドハーフのエリアにおいて、インサイドハーフが相手のボランチに対して、視野に入る、入らない、右に立つ、左に立つと気にさせつつ、裏側に入って相手のCBを止めようとしたりすることで、大迫の自由度がかなり増しました。大迫が孤立して、CBをつけておけばOKという対策が通用しないレベルになったということです。

日本の場合、WGはワイドの選手がインサイドに入ったりワイドに行ったりするタイプが多いですが、田中・守田がインサイドハーフらしい仕事を存分に行えるようになったことで、南野も自由を得られるようになっていました。その際、遠藤、田中、守田の3枚は、役割を変えながらぐるぐるとポジションを入れ替えて、自分たちの仕事を相手につかませないようにもしていました。

CFが引いた際、入れ違いにSBとCBの間に入る動きなどをしたときも、インサイドハーフとアンカー間のバランスをとる意識も高く、インサイドハーフ2枚がアタッカーと絡んで行っても、奪われたときのためにもう1枚が備えている形ができていました。3センタータイプだったときとは異なり、本来の役割を担いつつポジションの循環性を出せて、さらに付随してアタッカーも相手のマークを逃れる形ができていたので、かなりいいなという感じでした。

──大迫が活かせるようになったのは、つまりインサイドハーフのなにがよかった、と。

五百蔵 第一に立ち位置です。田中と守田の2人のうまさ。中国もサウジアラビアも、相手ボランチは2DHで日本のインサイドハーフを見ていましたが、日本も同じように相手を見るので、まずは対面に立つ状況でした。そこで、相手の視野から外れきらないような“くさい”立ち位置を取る。そうやって、視野の端っこあたりに移動したり、前に戻ったり、気がついたら裏に入るような立ち位置のチェンジを繰り返します。

彼ら自身がそうしたいというより、ワイドの選手や大迫、田中であれば守田、守田であれば田中が、それぞれ相方となるインサイドハーフの位置をちゃんと確認しながら、自分がそこに立つことで仕事をしていました。CBと2DHがその2人を見ることになることで大迫が動けるようになり、SBの注意も引くようなポジショニングをするので、伊東が裏に出ることも効果的になった。田中と守田が、アタッカーの立ち位置をうまく調整していました。

あの2人は基本的にそういう選手なので10月のオーストラリア戦からそういうプレーをしていたのですが、周囲との相互作用ができるようになってきたということですね。「田中、守田がいる」ということを、明らかに日本が共通理解として持つようになりました

4-3-3のシステムが期待通りに相手選手を動かせるようになっているので、中国やサウジアラビアのように、4バックのチームは非常に守りづらいでしょうね。インサイドハーフを中心に押し込んでいく日本のやり方は、アジアレベルでは特に、2バック(4バック)では相当に際立つ強さを示せるようになっていると思います。

──チームの方向性が確立し、いい流れができてきているということですね。

五百蔵 はい。ただし問題は、その相互作用は田中と守田しかもたらせないということです。他の選手がそこに入っても、基本的には機能していません。中国戦の終盤も、選手交代でインサイドハーフに久保建英が入りましたが、その役割はできません。そう考えると逆に、彼ら2人が使えなくなった場合にピンチだなという感じがします。それに、機能性は上がったとは言え、だから点が入るというわけではないことも事実としてあります。

関連記事