• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 清水・鈴木唯人が、強烈な自己主張でつかんだ大きな変化とは? 「だったらFWをやらせてくれ!」 #spulse

清水・鈴木唯人が、強烈な自己主張でつかんだ大きな変化とは? 「だったらFWをやらせてくれ!」 #spulse

清水エスパルスのプロ3年目・鈴木唯人が絶好調です。

1年目の2020シーズンから清水にとって欠かせない選手として活躍し、今年1月にはフル代表に選出されるなど着実にステップアップ。今シーズンは開幕から2試合連続ゴール中とその勢いは止まりません。

そんな今シーズン注目の鈴木について、ユース教授の安藤隆人氏にこれまでの歩みを綴っていただきました。鈴木選手のプレースタイルや高校時代の思い出の試合を紹介していただきます。

■クレジット
文・写真=安藤隆人

■目次
ポジションにとらわれない器用なプレー
苦しみ続けた高校3年生
転機となった強烈な自己主張
エスパルスに欠かせない存在に

ポジションにとらわれない器用なプレー

2022年のJ1リーグで、開幕2戦連発と波に乗っているのが清水エスパルスの鈴木唯人だ。

市立船橋高校時代に何度か取材をして、当時の印象は『何でも出来る上手い選手』だった。ボールタッチやドリブル、パス、シュートなど、どのプレーをとっても上手い。しかし、今までも“ただ上手い”はたくさんいた。そういった選手は裏を返すと、突出した個性がなく、器用貧乏で終わってしまう危険性がある。

鈴木もその類の選手かもしれないと思った。しかしプレーを見れば見るほど「彼は違う」と確信を持てるようになった。

高校時代の主戦場はサイドだったが、生粋のサイドアタッカーではない。中央に置いたらボランチやトップ下、FWもできるなどさまざまなポジションで器用にプレーした。

サイドハーフで出場した場合でも、展開によってはボランチの位置に入ってゲームを作る。また、斜めの動きでDFラインの背後に抜け出してゴールに迫った。トップ下に入れば高い位置でチャンスに絡みながらも、ボランチの位置に落ちて、味方の選手を1列上に押し上げる。時にはサイドに流れてクロスを上げたり、カットインからラインブレイクを狙う。

FWならばフィニッシュワークで非凡なプレーを見せながらも、トップ下とボランチの選手と縦のスライドをしながら、サイドハーフが中に入ってくるスペースを作り出すなど、オフ・ザ・ボールの動きで攻撃を活性化させる。

このように鈴木は、ポジションにとらわれないプレーで、1試合を通した物語をピッチに作り上げる。市立船橋高の試合を観に行くたびに、鈴木がどのような物語を見せてくれるのか楽しみでもあった。

関連記事