• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 「俺がやらなきゃ誰がやる」。鹿島アントラーズ・関川郁万が迎える真価の問われる1年

「俺がやらなきゃ誰がやる」。鹿島アントラーズ・関川郁万が迎える真価の問われる1年

レネ・ヴァイラー新監督を迎え新たな路線へと舵を切った鹿島アントラーズ。なかでも開幕から2試合連続でスタメン起用された関川郁万選手は、大きな注目を集めています。

空中戦と球際の強さに定評がある関川選手は、かつて鹿島のCBコンビとして活躍した昌子源選手や植田直通選手の系譜を継ぐ存在。サッカーライターの安藤隆人氏は、将来の日本代表CBに推します。

鹿島不動のCBとして期待される関川選手のプレースタイルやプロ入りまでのストーリーを安藤氏に綴っていただきました。

■クレジット
文・写真=安藤隆人

■目次

負けん気の強さと圧倒的なフィジカルが武器
昌子、植田の系譜を継ぐ
不動のCBになるために真価が問われる1年

負けん気の強さと圧倒的なフィジカルが武器

鹿島アントラーズの高卒4年目CB関川郁万(せきがわ・いくま)にとって、今シーズンは大事な1年になるだろう。2019年に流通経済大柏高から加入をした関川は、2年目にデビューを果たすとリーグ戦15試合に出場した。しかし、昨年は13試合の出場にとどまるなど納得の行く結果を出せていない。

プロ4年目となった今年、最終ラインの要としての存在感を発揮せんと彼のモチベーションは非常に高い。プレシーズンマッチのいばらきサッカーフェスティバルの水戸ホーリーホック戦でスタメン出場を果たした関川は、雨の中でも安定した重心移動を見せて、鋭い寄せとボール奪取力を発揮した。

さらに成長を感じたのはビルドアップの面で、スリッピーなピッチでも正確なボールコントロールと積極的な縦パスを見せた。相手に寄せられてもいなしながら、ボランチやFWに攻撃のスイッチとなるパスを送り込む姿は、落ち着きと視野の広さを感じさせるものだった。

個人的に、関川は将来の日本代表CBになりうる存在だと思っている。高校時代から、負けん気の強さと、圧倒的なフィジカルが魅力だった。空中戦や対人プレーに絶対の自信を持ち、フィジカル自慢のFWがいると聞けば、「自分の方が上だということを示さないといけない」と果敢に勝負を挑んだ。

印象に残っているのは、関川が高校2年生の時に対戦した、前橋育英のFW宮崎鴻とのバトルだ。1学年上の宮崎は、日本人の父とオーストラリア人の母を持ち、184cmの恵まれた体格と屈強なフィジカルを武器にしており、空中戦の強さは高校年代でもずば抜けていた。

そんな相手に対して関川は闘志を剥き出しにして、エアバトルを挑んだ。果敢に立ち向かう姿は、見ていて楽しかったことを覚えている。そして、この勝負のなかで関川は自分の『ある癖』に気づいた。

「僕は左足の踏み込みでジャンプをしていました。それだと自分より左側にいる相手に対して、競り合う時に体が伸びきってしまい強いヘディングができません。状況によって右足で踏み込まないといけないと感じ、紅白戦などで意識的に使うようにしました」

右足の踏み込みでのジャンプを習得していくうちに、ボールの軌道や相手の状況を見て、踏み込む足を使い分けられるようになった。さらに、両足を使った踏み込みができるようになったことで好影響が出てきたという。

「キックにも効果が出ていて、右足の軸がしっかりとできるようになったことで、左足のキックの威力や蹴るボールの種類が格段に増えました。体重がきちんと乗った状態で伸びるボールだったり、相手のボランチとCBの間に落とすボールだったりが蹴られるようになり、左足のシュートも迷わず打てるようになりました」

ライバルとの凌ぎのなかで自ら磨いていった長所は、彼のプレーの幅を一気に広げ、CBとしてのスケールを大きくさせていった。

関連記事